活元運動とは何か

活元運動とは

活元運動とは、頭をリラックスさせて人間の健康を保とうとする働きを活発にする運動です。身体に無理をかけずにどなたでも自然に行うことができる、安全な体操(運動)法です。

寝相がみんな違うのは人はそれぞれ疲労の傾向が異なるからです。そのため疲れを取るための格好や運動はみんな違います。手足をぱたぱたしたり、正坐のままぽんぽん跳ねたり、ころころ寝転がったり、活元運動はその時その人に合った動きを身体が感じるままに展開します。また活元運動は意識的にいつでも止められますが、それよりも運動が充分に出ることで身体が整い、自然に止まるほうが理想的と言えるでしょう。

「どういうものか知りたい」という方は体験していただくのが一番間違いがありません。ただ、独学ではなく正しい指導者に学ばれることをお勧めします。ここでは文章でできるだけ活元運動についてご説明いたします。

身体の自然に委ねる

ゆらゆら、ばったばった、ぐらんぐらん、始めて見た方は奇妙に感じる方もいますが、見る人が見ると「美しい」という評価もあるのですから不思議なものです。

これが一体どのような運動なのかというと、「体のバランス機能を活性化する運動」と言うと適当でしょう。そもそも「健康に生活する」ために何かに頼る必要はないのです。

例えば、走れば誰でも心臓がドキドキしますし、食べれば自然と胃袋が動きます。そういう生理的な、ごく自然に行われている生命活動が私たちの健康を支える上でどれ程重要か、あまりに当たり前すぎてその多くが見過ごされています。

例えば「体温」などもそうです。暑くても寒くても平熱を保っているのは身体のバランス作用がいつでも働いてるからです。

さらに、身体に雑菌が入ると、自然に熱が出て繁殖を食い止めます。ですが熱が42度を上回るということもありません(そのため体温計の目盛りは42度までです)。すなわち「生きている」というのはそれだけで、命のバランスを保つ力が完璧に働いているのです。

このような力(恒常性維持機能)をそのまま発揮できれば、外からいろいろなストレスを受けても自前の体力だけでみんな間に合います。

ですから健康生活の実現といっても、これからそういう身体に「なる」という訳ではありません。もともと備わっている生命の力に目を向けて、積極的に自分の体力を使っていけばそれで充分です。

そのためにはまず、身体がゆるんで活性化するために、頭をよく休める(ポカンとする)ことが大切です。

「ポカン」として身体(無意識)の動きに任せる

それでは具体的にどういう方法を取るかというと、意識活動が休まるように呼吸法と準備動作を行ない、その後瞑目してポカンとした頭で身体に任せていくようにします。

「息をやわらかく吐き切る」「背骨を捻じる」「延髄に力を集めて抜く」、というこの三つの準備体操を行った後、正坐か椅子座でひざの上に掌を上に向けて置きぼんやり待っていると、後はひとりでに運動が出てきます。

すぐにそれ(活元)らしい運動が出る人もいますし、逆に活元運動が出るまでに時間のかかる人もいます。人によっていろいろですけれども、とにかく続けているとやがてはみんな出るようになります。

活元運動が出やすい人は身心が敏感だと言えますし、出にくい人は頭のゆるみにくい人です。自分で自分の感情や欲求などを「コントロールしよう」とする意思の強い方ほど、筋肉・内臓・骨などが固くなりやすいので、こういう方は活元運動をやっていくとだんだん生活が楽になっていあれます。

最初にも述べましたが活元運動は年齢や性別を問いません。スポーツと違って怪我をすることもありませんし、一般家庭で一畳ほどあればできる安全な運動なのでどなたにも勧められます。

興味を持たれた方は、当院で月に4回ほど活元運動の指導を行っていますので、まずはお問い合わせください。

活元運動の効果

人間の体内には平熱や脈拍など普段からバランスを取っている身体のある「はたらき※」があります。野口整体の活元運動はこの「はたらき」を刺戟し訓練する方法です。※このはたらきは錐体外路性運動系、恒常性維持機能などと呼ばれる。

これを継続的に行うことで次のような効果があります。

深くやわらかい呼吸になる

活元運動を継続的に行なっていくことで、身体中の緊張が徐々に抜けていきます。その結果、横隔膜の動きがやわらかく大きくなり、呼吸が深くなります。

実際の活元運動の様子は人それぞれですが、どのような人でも共通することはどんなにはげしく動いても息が上がらないことなのです。

息という字は「自分の心」と書きます。呼吸が浅くなることは血中酸素の低下と、血液循環の非効率化を招き、その結果万病を引き寄せてしまいます。またこのようなときには心の余裕は失われ、良い考えも浮かびません。

ゆったりと深い呼吸ができることは、活元運動で最初に得られる重要な効果の一つと言えるでしょう。

重心が下腹部にさがる

現代を生きるの多くの方は日々さまざまな情報の波にさらされており、思考の休まる暇がありません。

その結果、首や肩のこわばりは当り前となって、逆にお腹の力は抜けてしまっています。このような体勢になると交感神経のはたらきだけに偏り、生理機能を正常に保つことは難しいでしょう。

活元運動によって上半身のこわばりが抜けると、自ずから重心は下半身へを下がってきます。これは「上虚下実」といわれる状態で、東洋的な身体観や生命観においては古来から理想とされてきた姿勢です。

またこのときには正坐も楽に行え、精神的にもゆったり、どっしりとした安定感を味わうことができます。この状態を日常的に保つことができると、健康面でも生活面でもさまざまな恩恵にあずかれることでしょう。

意識の鎮静化

活元運動をひとしきり行なって自然に運動が止まる頃には、独特の鎮静した意識状態になります。

近年では坐禅や瞑想、ヨーガなどによって精神的な安定を求める人が増えていますが、活元運動を終えた後の静かな感覚というものはこれらの瞑想で得られる感覚と同質のものです。

野口整体では「ポカンとする」という表現をよく使いますが、この時に自律神経系は正常にはたらき、身体の生理機能がもっともバランスの取れた動きをしています。

「心の平安」というのは誰もが求めるものだと思いますが、ここに至るための身体的アプローチとして活元運動は非常に有効です。

自己実現(自分らしく生きるための個性化)

実はこれが活元運動、ひいては野口整体という身体教育における最重要の課題とも言えます。

呼吸が深くなり重心が下がること、そして頭がポカンとすることで、無意識の動きが活性化します。その結果普段は認識されにくい感情や古い記憶が意識化され、心の再編が行われるのです。

実は人がさまざまな病気に罹るのも、この心の再編(自我の再構築)が目的なのです。※詳しくは当院の整体より発症のメカニズムをご参照ください。

活元運動を訓練として定期的に行う人は、この病症経過で得られる自我の再構築を、普段的に少しずつ進めていくことになります。

つまり環境に対する適応と、自身の無意識(本心)に対する適応が自然と保たれ、自分自身が「このように生きよう」という要求と実際の生活とのギャップがだんだん小さくなっていくのです。

これが自己実現の実態であり、自分らしい心を養い生きていくための重要なプロセスです。身体感覚を鋭敏に保ち、自身の裡なる要求実現のために日々全力を発揮することが健康生活の要諦であり、活元運動の真価もここにあります。

 

以上がおおよそ活元運動で得られる効果です。

あとは個人の取り組み方によって、さまざまな成果が上がって来るでしょう。自分のいのちの力を見究め、これを使い切って生きようと願う方はぜひ日々の生活に活元運動を取り入れ、その効果を実感していただきたいと思います。

野口整体の活元運動にみる宗教的側面

野口整体は宗教か?

野口整体はこれを身近に体験したことのない外部の人たちから「宗教のようだ」という評価をされることがよくあります。特定の団体を創設し、その会員を対象とした体育(健康)指導を行なうという性質からそのような見解が生じるものと思われます。

さらにそのような見方を強くする要因として、活元運動という独特の体育手段が上げられるでしょう。この運動様式が一般的な体操・運動療法に比べてあまりも奇態に映るため、ある種の嫌悪感と奇異の目が入り混じった意味を込めて「宗教」という評価を受けるのだと思います。

また、その素地としては地下鉄サリン事件のショックが大きいと思うのですが、現代の日本人は全般に「宗教」に対して過敏になっています。その結果、本当の信仰や宗教について深く考えたことのない多くの方が、「いわゆる宗教」というものについて漠とした忌避の念を抱いているように思われるのです。

まずはっきり申し上げらるのは創始者 故野口晴哉氏の創られた整体協会は公益社団法人であって、宗教法人ではありません。これだけで最初の命題に対する答えは足りると思います。

それ以上のことは個人の価値観や宗教観による判断に委ねられると思いますが、ともすれば「野口整体」が科学的な論理性やエビデンスに乏しい低次元の民間療法として、広く浅く認知されることは喜ばしいことではありません。

その歴史も決して古いとは言えませんが、創生から半世紀を優に越えていますからそれほど浅くもないでしょう。加えてその高度に洗練された生命倫理に基づき伝承されてきた思想と技術、そしてその社会的有用性は一部の有識者層によって一定の評価を得ています。

このような立場にある「野口整体」あるいはそこから派生した「整体」という概念を、「宗教」という名の思考停止に追いやることが賢明な態度でないことは上の一考察からもお分かりいただけると思います。

宗教とは何を指しているのか

そもそも「宗教とは何なのか?」ということ事態が非常に可動域の広い柔軟な概念であり、世界にあまたある信仰や宗派の数だけ定義も別れることでしょう。これに決着を付けようとしたら、当然この小文をもって賄いきれるものではありません。

ちなみにウィキペディアの「宗教」の項においては巻頭に次のような一節が置かれています。

宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。(ウィキベディア「宗教」より)

これも「人間の力や自然の力」をどこからどこまでとするのか、など考えようによって観念の範疇はいくらでも動揺します。

その一方で「野口整体」にも定義はないのです。※うして煎じ詰めると、定義の曖昧な2つの概念を、同質のものであるかどうかとあれこれ考えること自体がナンセンスなのです。※弊サイトの野口整体とはもご参照ください。

そうは言いながらも、やはり巷にはまぎれもない「誤解」が横行している面もありますし、例え科学的客観性が曖昧なものであっても、道義的に「これは違う」ということはやはりあるのです。これを正す意味でも、また少しでも初心の方の理解の助けになればという気持ちで、もう少し書き進めてみようと思います。

信仰や宗教以前の力に目覚める

野口晴哉著『整体法の基礎』の中に、信仰や宗教に因んだ一節がありますので、その一部を引用いたします。

昔といっても、戦争の直後に、いろいろな新興宗教が出来たころ、宗教をやる人たちは何か不思議なことをやらないと都合が悪いのでしょう。私のところにも精神集注する術や、活元運動や愉気の方法―を習いに来ました。教えたのが良かったか悪かったか……今になってみると、その人達は外路系の体育としての活元運動をやらないし、精神集注の術としての愉気を行なわないで、それをみんな信仰のお蔭だと言って、奇跡を行なうつもりになっている。しかし活元運動も愉気もそういうものではない。私は、総ての人が持っている力、自然の動きとして、受け容れて欲しかったのです。そのように受け容れられていたならば、こんなに病人が多くはなかったと思うのです。実際、信仰や、徳や修行でやれるようになったなどというために、誰れも自分の裡なる力に目覚めない。活元運動は、自分の裡なる力に目覚めて、はじめて自分のものになるのです。それを、みんな偉い人の徳の所為や、信仰の所為にされてしまうことは大変迷惑で、その当時、教えたことを、今になってがっかりしています。(野口晴哉著『整体法の基礎』全生社 pp.56-57 太字は引用者)

このように当時から「宗教家」が野口整体に目を付けて、手法を習いに来ていたことがわかります。やはり活動の初期から宗教「的」な何かをかもしだしてはいたのでしょう。

ところが開祖である野口先生はその様な態度に難色を示していたこともここに記されています。一見宗教的に見えても、「そのような宗教」に堕ちてしまうことを嫌悪しておられたのです。

ところで「活元運動は、自分の裡なる力に目覚めて、はじめて自分のものになる」とありますが、この自分の裡なる力に信を置くという点こそが本当の意味で宗教が担うべき領域ではないか、と私は思います。

実は仏教の中でも禅宗はこれに近い教義を備えています。禅とは「人間的な価値観やはからいをこえた、絶対現在にある〈いのち〉に目覚めること」です。これによって人間というのは、どんな状況にあっても救われるように出来ているのです。

野口先生という方は『臨済録』や『碧巌録』といった禅仏教の経論を幼少期から愛読されていましたので、このような思想が自然と身についていたものと思われます。

全人類を分け隔てなく救うべき宗教とは、本来このような姿でなければならないはずです。

よく考えてみれば、宗教の「宗」という字は「根本とするもの。おおもと。」という意味です。この世界の根本とは、すなわち〈いのち〉とも言い換えることができるでしょう。これを明らかにするための教え、という意味では野口整体は禅と双璧をなす真の宗教たり得る存在であると言えそうです。

実際のところどんなにすばらしい信仰や宗教を持ってしても、それらに人を救う力を持たせるかどうかは、個人の信心と力量にかかっているのです。野口整体があなたにとっての真の宗教となり得るかどうかは、自分自身で実践し見極める意外にありません。

「野口整体とは、宗教とは何か?」また「生きるとは何なのか?」、そんな雑念はかなぐり捨てて、自分自身の生命を今この瞬間に懸けて、全力で生きることが野口整体なのです。一切の依存を排除し、これだけ力強く生きる道を示す教えですから、内外から宗教的と言わざるを得ないのもわかる気がしますね。

活元運動の反応とその実際

活元運動の反応とは?

活元運動には好転反応と呼ばれる三段階の反応期があります。

活元運動とは錐体外路系(錐体外路性運動系)という身体のバランスを取る生理機能を、準備動作と気の誘導によって活性化させる自然運動です。

これによって今まで身体の中でも不活発であった部位が、ちょうど油でも指したように少しずつ動きはじめるのです。これにより身心の敏感さを取り戻す効果があります。

このときに人によっては身体が治っていく経過反応として、さまざまな症状でてくるのです。反応の中には「好転」という表現とはうらはらに熱が出たり下痢をしたりなど、苦しさを伴うものもありますので、活元運動に取り組む前にあらかじめ知っておかれると不安感が少なくて済むでしょう。

反応の三段階は弛緩・過敏・排泄の3つに大別されますので、これらを一つ一つみていきます。

1.弛緩反応

先ずはじめに起こるのは「ゆるみ」の変動です。具体的には眠い、だるいといった弛緩反応(第一反応期)です。疲労感でくたくたになる感覚を伴います。人によっては食欲が落ちることがありますが、いくら眠っても眠り足りない、お風呂に入りっぱなしのような気持ちのいい時期として過ごせるのがこの弛緩期です。

この時期を上手に経過するコツとしては先ず眠りたいだけ眠ること。ごろごろしながらゆるみを促進することです。ただし身体は刺激に対して無防備とも言えますので、つめたい風に長くあたるなどして、うっかり冷やさないように気をつけましょう。この時期に汗をかいてそのまま風に当ると体を毀しますので注意が必要です。

2.過敏反応

弛緩反応を過ぎる頃になると、人によっては肌のすぐ下を水が流れているような、涼風感を味わいます。場合よっては悪寒のように感じる人のもいます。これは次の過敏反応(第二反応期)の状態です。先ほどの弛緩反応期はわりと心地よいものですが、過敏反応期には熱が出る、あるいは古傷や昔の打撲のあとが痛むことがあります(痛みのある時に治り始めている)。またはまぶたが腫れたり、歯が腫れることもあります。これらの急性病のような症状はすべて、次の反応期におこる「排泄」に向けて身体が活発に亢進していることを意味しています。

弛緩反応期には「安静」に過ごしましたが、この熱が出ている時期は起き上がって動いていて結構です。ごろごろしていると経過はかえって滞ります。やってみるとわかりますが、40度近い高熱があっても意外と気持ちよく動けるのがこの過敏期です。

3.排泄反応

弛緩・過敏という2つの反応期を過ぎると最後の排泄反応に移ります。いわゆる毒出し、錆び落としの時期に入ってきます。ぽつぽつ湿疹が出たり、皮膚のうす皮がむけたりなど、肌に症状が出る人もいます。また下痢をするなど、大小便が大量に出たり、目ヤニや鼻水がたくさん出るなど、いろいろなものが体外へ排泄されます。女性の場合は生理の時に血の塊のようなものが出た、という報告を何度かいただいたことがります

この排泄期までくれば好転反応は仕上げに近づいています。特にこの排泄反応まで終ったら目や頭を使うことを避けて、身心ともに弛みきって身体に任せるようにすることが大切です(パソコン・スマホは最小限に)。症状が治まったからといって急に起きて活動するとこわすので注意しましょう。

この活元運動の反応については『整体入門』に面白い記述がありますので、引用しておきます。

反応の経過で注意すべきこと

反応中は肌着は汚れるし、爪は伸びやすくなるし、ふけは多くなるし、傍へ行くと臭い。中には体内で石をつくっている人などはその溜めている石を、胆石でも、腎臓結石でも、膀胱結石でも、どんどん出してしまう。ただこのような反応期に石が出る場合には、固まりにならないで、臭い尿になることが多いが、ときどき気忙しい人がいて、胆石でも、あるいは膀胱の石まで、固まりのまま出すことがある。膀胱から大豆大の石が出たという人も、胆石で三十六個も出たという人もいました。またバケツに三杯ぐらい下痢をしたとか、鼻水が洗面器に一杯出たとかいろいろありますが、ともかく排泄反応まで来れば、もうよくなると安心できるのです。(野口晴哉著『整体入門』ちくま文庫 pp.65-66)

活元運動は敏感な身体を育てる

ちょっと信じがたい内容も含まれますが、せい氣院で活元運動を覚えられた方の中でも翌日からどーんとだるくなったり、風邪を引きやすくなったりした(38度以上の熱が出る)という報告をいただくことはあります。下痢でも、ほぼ水に近い状態で大量に出た人がいます。

ですから活元運動によって病気がなくなるのだと思ってやられると見当がはずれます。身体が丈夫になる、ということはある面では病症が出やすい敏感な身体を育てることなのです。

そういう意味で活元運動による反応の実体というのは急性病とほぼ同質のものです。それまではそういう病気の必要性がありながら、発症しなかったのは鈍かったからであって、それだけ敏感になったという目安になるとも考えられます。

活元運動の反応が出ない人

以上、ここまで好転反応の注意点をあげましたが、実はこのような際立った「反応が出ない人」も一定の割合でおられます。こういう方ははじめからそこまで身体が鈍っていなかったか、経過自体が非常にゆるやかであるためにわかりにくいのです。なんとなく眠い時期があったり、少し熱っぽかったという程度で済むこともめずらしくはありません。

おそらく文章による解説と、実際にご自身で体験されたものはだいぶ違うと思います。一生に一度、できれば早い段階で活元運動を体験して反応を経過されると健康生活の大きな助けになると思います。

今月の活元会のお知らせ

活元運動のやり方と注意点

活元運動のやり方(誘導法)をご説明します。

1.息を大きく吐く – 邪気の吐出

みぞおちが緊張してかたいままだと活元運動はできません。そのためにまず深呼吸をおこなっておなかをゆるめます。※みぞおちとは両側のろっ骨からたどっていって骨の合わさったところから、2、3センチ下にさがったところにあるくぼみ。

まず両手の指先でみぞおちをおさえます。

★大きく息を吸い込み、

体内の古い息をすべて吐き出すように大きく吐きます。

上半身のすべての力を抜きます。

起き上がりながら息を吸い込み★に戻ってくり返す。(あくびが出るまで)

悪い例× 初心の方によく見られる形です。背中側の緊張が抜けきらないと肘や肩がペタッと床まで落ちません。

2.背骨を捻じる動作

正座をして腰をのばす。

左から背骨を捻じる。

ぎゅーっと力を集めて、ストンと抜く。

右も同じように、

左右7回ずつが目安です。

下は悪い例× 猫背のまま捻じろうとしている。できる人はきちんと背骨を伸ばして行いましょう。

3.うなじ(延髄)に力を入れる – 訓練法

両手を水平から30~45度くらいの高さまで上げていく(息を吸いながら)。

親ゆびをにぎりながら、オールを漕ぐように徐々に体を後ろにそらし、両ひじを後ろに引いていく(息を吐きながら)。

★最後にひじを後ろに引ききるときに、親ゆびをにぎりしめる奥歯をかみしめる息を吐ききる、の3つの動作を合わせて急に力をに抜く。

首から背骨にかけてギューッと力を入れてストン!というイメージ。3回で終える。

そのまま手を上向きにしてひざの上におき、目はつぶったまま首を垂れる。そして自分の背骨に息を吸い込むように、背骨で呼吸をするようなつもりでいると、なんとなく少しずつ動くような感じがしてきて、やがて動き出します。

あとはそのまま「何もしない」。ポカンとしたまま、できることなら運動が自然に止まるまで体に任せるきる。

写真は座っていますが、立っていても寝転がってもけっこうです。運動中は終わるまで目を開けないこと。

終わったら目をつぶったまま、しばらくポカンとしています。1~2分でもけっこうです。気分がおさまってきたら、片方ずつ薄目をあけて終えます。

途中でやめなければいけないとき

活元運動が出ている最中に、急に目を開けて立ち上がるとフラフラすることがあります。途中で運動をやめなければいけないときは、まず息を吸い込んで下腹に「ウーム‥」、といってこらえる呼吸を数回行ないましょう。

その後で3.訓練法のところで行なった★の動作を、呼吸をあべこべにして行います(息を吸い切ったときに、親ゆびをにぎりしめ、奥歯を噛んでストン!と脱力)。その後、片方ずつ薄目を開けて、もう一度静かに息をおなかに吸い込みウームと耐えてからゆっくりと吐いて終わります。

好転反応について

活元運動をしばらく行っていると身体の怠けていたところが動き出して、いろいろな好転反応が出てまいります。反応は大きく3つに分けてみることできます。

弛緩反応 眠かったり、ダルかったりという、気持ちの良い疲労感です。この時期はリラックスを心がけて過ごしましょう。

過敏反応 非常に気持ちのよかった弛緩反応の時期から、やがて熱がでたり古傷が痛んだり、身体が過敏に反応する時期です。次の排泄反応に向けて身体が活性化している時期です。

排泄反応 下痢をしたり、垢がたくさん出たりして身体の大掃除がはじまります。ここまで経過すれば一応の反応期は終了です。

反応期はとにかくリラックスを心がけ、身体を冷やさないように気を付けましょう。

活元運動の反応に関する記事を下に紹介いたします。

活元運動の好転反応とは

活元運動の反応期に気をつけること

今月の活元会の日程はこちら

野口整体を学ぶ教室の日程

 

6月

14日(木)10:00-12:30(坐禅・活元運動)

23日(土)10:00-12:30(坐禅・活元運動)

※12:30-13:00頃まで茶話会(任意参加)

参加費:各回2,000円

ご参加を希望される方は各開催日の前々日までに 予約フォーム または メール にてお申し込みください。

7月

12日(木)10:00-12:30(坐禅・活元運動)

28日(土)10:00-12:30(坐禅・活元運動)

※12:30-13:00頃まで茶話会(任意参加)

参加費:各回2,000円

ご参加を希望される方は各開催日の前々日までに 予約フォーム または メール にてお申し込みください。