体癖とは何か

自分らしさは身体にある

体癖とはその人らしい考え方や感受性が、個人の体型や動作の習性と関連しているという見方です。人間における、一人一人異なる感受性を「体の癖」という角度から見ることで理解を深めることができます。

体癖は整体を創始した野口晴哉先生によって大きく10種類にまとめられました。1日あたり百数十人の身体を観るという生活を生涯続けたことで、「いつも同じような疲労の仕方をする人や、似たような行動をする人達のモデル」を見つけ出したことに起因します。

身体から人を理解する

体癖は上下型1・2種、左右型3・4種、前後型5・6種、捻じれ型7・8種、開閉型9・10と分けられています。

自分の体癖に合わない生活をしていたり、自分らしさを発揮できない生き方をしていることは当人にとって大変不自由でつらいことです。

逆に自身の身体的な特性をより深く理解していくことで、余分に身体をこわしたり不快な情動に振り回されることは少なくなっていきます。

身体を通じて「自分らしさ」をよく知っていくことは、それぞれの素質に適った生活を築くうえで非常に大切な視点となります。

体癖表

奇数体癖偶数体癖動作の焦点感受性
上下型1種2種腰椎 1番 首・大脳毀誉褒貶
左右型3種4種腰椎 2番 胃腸・消化器好き嫌い
前後型5種6種腰椎 5番 肺・胸郭利害得失
捻れ型7種8種腰椎 3番 泌尿器勝ち負け
開閉型9種10種腰椎 4番 骨盤・生殖器愛憎
(遅速型)11種12種

※奇数体癖は余ったエネルギーを身体の特定の部位(動作の焦点となる内臓や器官)を使って鬱散しやすく、偶数体癖は逆に特定の部位がはたらきが悪くなり毀しやすい。

例1)消化器型の左右型は3種と4種にわかれています。3種がいつも感情と一緒に胃袋が動く(やけ食いなどをする)のに対して、4種は感情面で何かが引っかかると何も食べられなくなります。3種は好きな食べ物をよく思い浮かべますが4種は偏食、嫌いな食べ物に敏感です。

例2)前後型は呼吸器(肺)の意識が濃く5種・6種に分かれます。5種は呼吸器がよく発達しており、体を動かして前進することや、周囲から目立つことに関心を持ちます。機械のような合理性を好む反面、感情を受け取ったり微細な審美観を問われるような作業(芸術など)はやや苦手です。それに対して6種は目立たないことを好み、身体をうごかすと呼吸器から疲労してきます。また、6種は美しいものきれいなものに敏感です。

自分自身を知ることで個性を活かす

体癖は身体を丁寧に観察することで「自分にはどんな習性があって、どんな感受性の傾向があるのか」を深く理解することができます。

例えば野菜を切るときは包丁を使いますが、木や氷のような固いもの切る時は包丁よりもノコギリの方がよく切れます。「機能」というのは環境によって発揮されるのです。人間の才能や特性というのもこれと一緒で、個性というのは能力以前の問題と言えるでしょう。

そのために体癖論を理解していくことで人それぞれの得意不得意を理解し、不足を庇い合ったり長所を活かし合ったりして生活していくことが個においても集団においても豊かに生きることに繋がってくると思います。

体癖各論 上下型 一種

動作の基柱

腰椎1番:大脳型

体型

上下型は縦に長い。顔も長く全般に高身長の人が多い。上下型一種・二種ともに首に特徴があり、特に一種は太く垂直に伸びている。体力が余ると全般に脳の運動(思考活動)によって解消されるために、血液の流通が多くなり結果的に首が太く発達する。手足も細長く、バレエのような伸展動作を得意とする。

体質

一種は空想するとそれがよくに身体上に現れる。例えば食べたものが「それは腐っていたよ」などと言われると、たとえウソでも言われたことでお腹が痛くなったりじんましんが出たりする。逆にオモチャの御守りのようなものでも、うっかり信じればそれで安心して丈夫になってしまう(イワシの頭も信心から)。

誰にでも少しはこのような心身相関現象は見られるが、上下型の場合は特につよく現れる。全般に周りから何か言われると「そういうものなんだ」と信じやすい。

一種の動作は非常にゆったりして、おだやかにみられやすい。実際、喜怒哀楽の感情は思考活動によって処理されるので、ケンカした後で「次ぎ合った時にはこう言って怒ってやろう」などと考えて上手くいくことを空想すると、もうそれで気が済んでしまう。

「眠る、眠れない」ということは急所になる。疲れたり、具合が悪くなると、最近よく眠れてなかったか?とまず考える。

またしゃがむことは苦手で好きではない。しゃがめない人もいる。

性格・感受性(毀誉褒貶)

知的で物静かに見られやすい。感じたことよりも言語的に考えて納得のいく方を信じる。最初に「あ、」と感じても、すぐ動作に移れないためにチャンス(機会)を逃すことがある。これと反対に九種は直感したこと以外は行動にならない(電光石火)。

例えば食べ物を選ぶ場合、「これにはこういう栄養があるよ」、というとそのものが美味しいか不味いかは何処かに行ってしまう。本で読んだり、〇〇食事法など勉強熱心になる反面、あまり美味しくない料理を作って平気で食べていたりする(盛り付けや全体のバランスは上品に整えている)。

意識はだいたい「上方」に向いている。だからキッチンの収納などは下のストッカーよりも吊戸棚をよく使う。逆に足元の意識は手薄であり、あわてると躓いたり足をぶつけたりしやすい。

眠りに関する執着はつよい。旅行計画などを立てているときに、何時に着いて、翌朝何時に出るから、〇〇時間は寝られる、などと無意識に考えている。

俗にいう「天然」とか「フシギ」とか言われる人には一種が多い。

人付き合い

深い友情のような、「情」というのはよくわからないが、全般に広く平坦に付き合える人が多い。初対面でやりづらい相手だなあ、と感じてもそうした好悪の感覚を離れてよく話し合うことはでき、相手の話のつじつまが合うとこれで少し「理解ができた」などと思う。

大脳(思考)型の一種は感情優位の三種に惹かれやすい(ユング心理学でいう「影」にあたる)。また直感力の優れた九種ともお互いに補完し合うためウマが合うようである。

一種は贈り物をするとき、「ブランド」ものを選びやすい。有名人が愛用していたり、著名人のお墨付きなどがあると、「これはイイ」と思って贈る。それでも受け取った相手の感情までは空想できない。もらった場合もどこそこのお菓子、など銘柄に反応しやすい。

生き方(職業)

「社会規範」というものを遵守することを重視する(「人と変わっている」ことを過度に忌避する)。

人から悪く見られないようによく注意して行動し、こんな事をして笑われはしまいか、というような行動はしない。これとは対照的に三種は自分の「感じ」主体で動いてしまう(ガマンができない)ので、一種から見ると「はしたない」と思う反面、魅力的に見えたりするようである。

特定のドグマやイデオロギーなどにつよく傾倒する体癖(一種・六種・八種)でもあり、政治家・指導者などにもよく見られる。

明治維新後から戦前までは学校の先生は一種が多かった。現代では大学卒業後まで院に残って研究職に進んだり、〇〇学者というタイプに多い。

詩人、作家など言語を中心とした創作活動を行なうタイプの人もいる。

またバレエのようなダンサーや野球、バレーボールなど(手の挙上動作が得意なため)スポーツの世界にも一定の割合で見られる体癖である。

疲労傾向と対策

頭を使うことに長けているが、眠れないということには抵抗ができず、全身がくたびれてしまう。だから眠れる環境の確保が大事となる。

頭が疲れたときには、椅子に座って足を机の上に乗せるとよく休まる。

仰臥して手を伸ばす、同時につま先をあげてアキレス腱を伸ばすと疲れが抜けやすい。

一種が濃く表れている人物

吉田松陰 佐久間象山 近衛文麿 岡潔 芥川龍之介 良寛 坂本龍一 トマス・エマーソン ランディ・ジョンソン、ダルビッシュ有 木村沙織 シャルル・ド・ゴール ルノワール モク=レン(『僕の地球を守って』) エミリー(『機関車トーマス』) モディリアーニの描く人物像 アルベルト・ジャコメッティの作品(彫刻)

体癖各論 左右型 三種

動作の基柱

腰椎3番:消化器型

体型

まるいことが特徴。まず顔がまるい。肩やお尻などもまあるく、全体にふっくら、フワッとしている。よく笑っていることが多いため、普段から目が細くなっていることがある。

体質

やわらかい。色白でキメの細かい、しっとりした肌である。喜怒哀楽の感情の処理を食事でまかなうため胃袋が丈夫に発達している。食べたいものを適量食べられると、呼吸が深くなり重心が正しい位置にくる。

性格・感受性(好き嫌い)

おっとり、ニコニコしているかと思うと急に機嫌が悪くなって怒ったりする。

ピーターパンという物語にティンカーベルという妖精が出てくるが、その説明に「妖精の心には1つの感情しか入らない」というのがある。

この妖精のように感情が絶えず一色でころっころっと変わってしまうようなタイプの人は三種的とみていい。

また色彩に敏感であり、形の良さはあまりよくわからない。(⇔五種)鮮やかな原色を好むので、着ているものだけを見るとパンジーみたいになっていることがある。

好き・嫌いということが全ての行動のもとになる。

人付き合い

羊のように群れて、ぺちゃくちゃしゃべっているのが性に合っている。ケンカをしても機嫌がよくなると前の問題はどうでもよくなって、同じ相手と笑いながらお茶を飲んだりしている。

三種の人が部屋にはいって来ると何となくみんなが話しやすくなり、場が温かになる。会社などでは物理的に業績を上げていくのは五種タイプの人であるが、三種の人は環境がきつく、締まり過ぎないように「目に見えない仕事」をしていたりする。

合理性が弱いという点で「子供らしい」という見方ができる反面、どうにも理屈に合わないようなものをごっちゃにして平気でいられるというのが利点にもなる(清濁併せ呑む)。

好き・嫌いということが災いすることもあれば、好きな者はみんな自分を中心にまとめてしまう力がある(大親分的)。

同性異性に関わらず、上下型の一種には惹かれやすい。知性的であることが神秘的であり魅力を感じる(ユング心理学でいう「影」にあたる)。そのため一種の男と三種の女、という取り合わせは多い。

三種は九種のことがよくわかないが、九種は三種にひっかかってしまうことがある。無軌道で考えがないことが見ていてイライラしたり、つい「好き(恋愛的)」になってしまうことがある。三種の母に九種の子供が生まれるとお互いに辛い。

生き方(職業)

楽しい、好きなことをやって生きるのが無難であり、そのようにしている人が多い。難しい社会問題に自分から進んでぶつかって行くような人生とは無縁である。

食べることに関心がつよいため、料理が好きな人も多い。それでも、「ながら作業」や計算が苦手のため、プロの料理人やオーナーシェフになるには五種や捻れ型の要素が合わせて必要である。

純粋に三種だけが濃い人は「料理研究家」などに収まっていることもある。

疲労傾向と対策

「おいしく食べる」ことと「おしゃべり」が元気のもとである。

また好きな人、気の合う人と過ごす時間が大切である。

三種が濃く表れている人物

矢野顕子 山瀬まみ 柳原可奈子 徳光和夫 稲尾和久(三種・八種) 大鵬幸喜 ビル・クリントン

体癖各論 前後型 五種

動作の基柱

腰椎5番:呼吸器型

体型

肩が大きく張っているため、上半身は逆三角形に発達していく。いわゆる鳩胸であり、女性の場合は乳房が大きい。首が前に向かってについて、顎の先端が突き出ている(唇から顎の先まで距離がある)。肘から先、膝から下が長い。年を取ると前屈してくる。

体質

呼吸器が強いために常に行動する構造になっている。五種にとって生きることは「前に進む」ことと同義であり、じっとしていると眠ってしまう。

ランニングを主体とするスポーツ全般に向いている。

性格・感受性(利害得失)

明るく、明朗な印象を与える人が多い。女性の場合はいわゆるクール・ビューティーである。自動車のボディラインなど「形」に敏感であり、微妙な色彩にはあまり反応しない。(⇔三種)

合理性を重んじ、数値上の整合性が取れなければ実行に移さない(自然科学は五種の産物)。

たった一つの正解を割り出すような物理学、数学(自然科学)をやる人は多いが、目的がはっきりしにくい思想哲学や文学(人文科学)の分野にはあまりいない。

また筆者が今まで会った五種の人は「絵」が書けないという人が多かった。「図工の時間に何をやっていいのかわからなかった」と言った人もいた。絵画や造形芸術は苦手だが、音楽(ロック)の世界にはよくいる体癖である。

利害や損得に敏感であるため数字に強い。なおかつ情に流されにくいため会社などの経営に向いている。レストランのオーナーシェフや急進的に成長を遂げた会社のリーダーはたいてい五種か七種である。

「よくわからないもの(不合理なもの)」に弱い。例えば「もしかしたら、〇〇病かも知れない」などと言われると、急に青菜に塩の如くしおれてしまうことがある。

流行に敏感。新商品、新メニューが出た時には先ず買ってみる(九種は最後まで買わない)。

整理整頓が得意であり、散らかっているのがいやだ(三種は散らかっているのが「普通」であり、そこに問題を感じない)。

背広が良く似合う。またピタッとしたシャツやパンツを好んで身に付ける。

人付き合い

明るく、広く浅く、付き合うことができる人が多い(社交的)。会社のような公のコミュニティで協調的に力を発揮できる(このあたりも九種と反対である)。

贈り物は高価なものや、商品券のような現金に近いものをもらうと嬉しいが、「寄せ書き」や「千羽鶴」など気持ちが中心で実利のないものはあんまりである。自分が贈るときは渡すものの原価を計算して、それだけの費用対効果(見返り)を相手から得られるものを贈ろう、と無意識に考える。

恋愛の「得意」な人が多い。情に対してクールに対応できるので、あまりそういうことで長期間悩んでいる五種の人を筆者は見たことがない。捻れ型、開閉型から見ると薄情に見える。

五種の男は三種の女の子に惹かれやすいが、一緒に生活するといろいろな問題がある。「可愛いな」と思っても離れて見てる方が無難ではないかと思われる(が、お互いつい寄っていってしまう)。

生き方(職業)

目立つこと、人目につくことをやりたがるので芸能人やプロスポーツの世界には多い。指先が技巧的によく動くため、ギタリストやピアニストにも五種はよくいる。

とにかく「上」を目指したがる。会社なら収益を上げる、スポーツなら記録を出す、など常に目標は直線的で単純である。

決められたレール(既存の価値観)の上を走るのは得意だが、「自分の人生はこれでいいのだろうか‥?」という風に悩むことには弱い。

疲労傾向と対策

動けない、前進できない環境ではすぐ「つまらなく」なってしまう。デスクワークならば、自宅から遠くの職場にして車や電車通勤をするとよい。

くたびれたら運動によって鬱散することだが、特に外から言わなくても自分でジョギングをするなどして自然にバランスを取っている。

五種が濃く表れている人物

綾瀬はるか miwa(五種・九種) 松田聖子 新庄剛志 吉川晃司 アイザック・ニュートン 織田信長 ドナルド・カーチス(『紅の豚』) ギョク=ラン(『僕の地球を守って』) 『燃えよ剣』の近藤勇(実在した近藤は九種)

体癖各論 捻れ型 八種

動作の基柱

腰椎3番:泌尿器型

体型

捻れ型は若い時は痩せているが、中年以降になると脇腹が発達して樽状の体型になる。同じ捻じれ型でも七種が骨太、筋肉質であることが多いのに対し、八種は特に胴が太い。ただし成育過程において八種的「負けん気」を充分使えなかった人の中には、骨ばってガリガリしているケースもある。

顔は四角くエラが張っていて噛む力が強い(顎関節症などは捻れ型の人がなりやすい)。疲れると頬骨が出っ張ったり、顔があつぼったく腫れてくる(むくみやすい)、あるいは肌が黒ずんでくるタイプの人もいる。

体質

八種が偏り疲労を起こすとまず小便の出に影響する。男性の場合尿が割れて飛び散ったり、勢いがなくなる。またむくんで朝なかなか起きられなくなったり、身体が重たくなったりしやすい(梅雨時など特に)。例えば八種がくたびれて整体を受けに来ると、指導の始まりと終わりに小便をする人がいる。

疲れた場合は顔が腫れぼったくなったり、茶色くなったりするが、疲労がぬけるとまた白く戻る(全般に肌は黒っぽい人が多い)。疲労が皮膚に影響することも多く、急に体が痒くなるような湿疹や、帯状疱疹などはみんな捻れ型の人がよくなる病気である。

性格・感受性(負け勝ち)

捻じれ型は総じて「勝ち負け」にこだわる。7種が「勝とう」とか「優位に立とう」とするのに対して、8種はひたすら「負けない状態」を保とうとする。

7種は勝負事を好むのに対し、八種はむしろ嫌いな人が多い。しかし負け戦を好んで買って出て、じっと耐えつづことに美学を感じる面がある。七種であればこのようなことはしない。負けてもともと、という状況だと八種はやや気楽に頑張れるからだと思われる。

対人関係では八種の子供は、兄弟や友達など具体的な対象と比較されると途端に意欲をなくしてしまうことがある。「お兄ちゃんのほうが○○だ」、とか「○○ちゃんはもっと□□だった」などは禁句である。八種の子供には歴史上の偉人などを紹介すると、自分も憧れてがんばることがある。

また捻じれ型の話は針小棒大の如く大きくなりやすい。自分でも気づかないうちに「すごく○○だった」などと言っているが、実際に確認するとそれほどでもないことがよくある。

人付き合い

捻れ型は虫の好かない相手であっても、ケンカをしっかりやりきると仲良くなることがある。勝てそうな相手には強気でぶつかり、つぶしてしまう。また一度やっつけると安心して可愛がることがある。

捻じれ型(特に八種)は義理を重んじる。情もよく働き、上下関係の中で上に従順、下には高圧的になりやすい反面、よく面倒を見たがる。リーダーシップ的に大勢を一度に見るというよりも、一対一形式で「あなたはこうした方がいい」などと言ってお節介を焼く。必ずしも喜ばれるかというとそうでもないが、相手のために情熱的になる。

生き方(職業)

八種はこつこつと努力を積み重ねて、生涯苦行の途上に生きるような生活をする人がいる。またそうやって苦しいことに耐えていることに生きがいを感じ、安心する。

八種は白黒はっきりした世界で戦い続けるよりも、自分だけの世界(戦いの場)で仕事(職人やスポーツ選手、宗教家など)を粘り強く続けることができる。

道義に反するようなことをすごく毛嫌いして、不正に対しては体を張って正そうとすることがある。

社会的立場としては七種は常にトップをねらうのに対して、八種は自分が長になるとグラグラして途端に不安定になる。人格、実力的に「この人はすごい」という人に出会うと、腹心という立場に収まって手腕を発揮することがある。

疲労傾向と対策

心の中で完全に負けたと思ったり、頑張りようがない状況になると泌尿器系の働きが悪くなり、小便が閊える。身体の水回りが悪くなりやすいので梅雨時の湿度にも弱い。そこからさらに側腹が張って厚ぼったくなると頑固になる(ぎっくり腰予備軍)。

風邪を引くとよく扁桃腺が腫れて熱を出す人が多い。

偏り疲労が一定に達したら、減食も効果的がある。動作で修正するなら、仰向けになって身体を「Cの字」になるよう横伸ばしするとよい。また横になってごろごろ転がりながら足と手を反対にして雑巾のように脇腹を捻じるのも有効である。

何より、エネルギーが鬱滞してきたら密かに張り合えるもの(対象)を見つけて、せっせと頑張れる状況を作ることを考えるとよい。

八種が濃く表れている人物

徳川家康 野村克也 江夏豊 小沢一郎 マザーテレサ フロイト

体癖各論 開閉型 九種

動作の基柱

腰椎4番:生殖器型

体型

全般に小柄な人が多く、年を取るとさらに縮んでくる。お尻(骨盤)の幅が狭く、後ろに出っ張っている。二の腕(肩から肘)、大腿(股から膝)が太く立派。筋肉質であり、小さいが服を脱ぐとしっかりした身体をしている。

体質

縮む、緊張する速度が速いために、体型は細く小さいのに強靭である(密度が高い)。また体力が充実しているので集中力の持続が出来る。

しゃがむことが得意であり、しゃがむことで身心ともに休まる。

性格・感受性(愛憎)

九種は「烈しい」ことが特徴である。何ごとにおいても極端に陥りやすく、関心を示したものはとことん突き詰めて「極める」という方向に行く。一つのことに集中し、全体のバランスなどはどうでもよくなる。が、意外に行動した結果、調和が取れていることが多い(勘が鋭い)。

「何故そうか、どうしてそうなるのか?」という探究心が旺盛であり、疑問に思ったら根源的な理由・原因に突き当たるまで深々と掘り進む。これと対照的に五種体癖などは「浅い理由」でも納得できるが(というよりもその辺で妥協し、サッサと「納得⇒行動」したい)、九種の場合はどんな小さな理論的躓きや食い違いも見逃さずにしつこく食い下がって追及する。

物事をゼロか百かという観点で捉えやすく、そして命懸けという生き方を好む(オール オア ナッシング、デッド オア アライブ)。

溜め込む癖がある。人によって様々だが、「これは」と思ったものをどんどん買い溜めして、一生で使いきれないほど所有することがある(そして持っていることを忘れてしまう)。日本刀を30振以上も買って持っている武道の先生や、一円玉をお菓子箱に満杯になるまでいくつも集めて、大人になってから銀行で換金した九種の子供がいた。

このように例を挙げていくと、発達障害の一つであるアスペルガー症候群と九種体癖の特徴は重なる部分が多いようである。が、アスペルガーが身体的特徴を診断材料に含まないために、「同じもの」かどうかは不明である。

着衣はダーク系、モノトーンを好んで身に付け、上から下まで全てにこだわりを持ち隙のないコーディネートをする。同じ服、同じ格好を続けることが多い。

人付き合い

疑り深く、信用できる相手は(直感でふるいにかけられて)、ごく限られる。

しかし一度信用してしまうと、後で騙されたり、裏切られるようなことに出会っても「必ず何か理由がある筈だ」などと思い、どこまでも信じようとする。疑り深さと矛盾するようだが、騙されやすく傷つきやすいのも九種の特徴である。

また社交辞令や、お義理の付き合いができない。心の深いところでつながれる人や、用がある人以外には会いたがらない(「偏屈」に見られやすいが、「純粋」というのが正しい)。

贈り物をするときは、外装(包みや封筒)は気にせず実(じつ)のあるもの(相手にとって価値のあるもの)を見分けてサッと送り、あとは何も言わない。貰うときにはくれた人の「心」につよく反応する。どんなに高価なものをプレゼントされても、そこに義理や打算があるとすぐわかり歯牙にもかけない。その反面、心のこもったものには客観的価値を度外視して深く感動する(目に見えない「質(≒氣)」にこだわる)。

生き方(職業)

人のやらないことでも、興味が沸けばかまわずやり通し、後から道ができてくる。

集団行動ができない(「苦手」ではなく「できない」)。他人の価値観に従がって動くことを好まず、いつでも自分で感じ、考えたことを実現する方向に生きようとする。

このような生き方ができないと、エネルギーが内向し圧縮されると、「うつ」になったり、突如爆発的な行動(アクティングアウト)をすることがある。その行動が社会的に生産性のある行動になることもあるし、反社会的、暴力的な方向に流れることもある(善人・悪人ということを超えて、力が有り余る)。そういう観点から、「ガス抜き」が大事な体癖である。

疲労傾向と対策

一定期間、「感じた」ように動けない生活が強いられると草臥れて、弱ってくる。

疲れたら一人になること(締め切った部屋でうずくまるなど)。周りは見ているしかない。

九種が濃く表れている人物

川上哲治 岡本太郎 土門拳 野口晴哉 塩田剛三(合気道) 犬養毅 勝海舟 スティーブ・ジョブズ シェイクスピア