体癖各論 捻れ型 八種

動作の基柱

腰椎3番:泌尿器型

体型

捻れ型は若い時は痩せているが、中年以降になると脇腹が発達して樽状の体型になる。同じ捻じれ型でも七種が骨太、筋肉質であることが多いのに対し、八種は特に胴が太い。ただし成育過程において八種的「負けん気」を充分使えなかった人の中には、骨ばってガリガリしているケースもある。

顔は四角くエラが張っていて噛む力が強い(顎関節症などは捻れ型の人がなりやすい)。疲れると頬骨が出っ張ったり、顔があつぼったく腫れてくる(むくみやすい)、あるいは肌が黒ずんでくるタイプの人もいる。

体質

八種が偏り疲労を起こすとまず小便の出に影響する。男性の場合尿が割れて飛び散ったり、勢いがなくなる。またむくんで朝なかなか起きられなくなったり、身体が重たくなったりしやすい(梅雨時など特に)。例えば八種がくたびれて整体を受けに来ると、指導の始まりと終わりに小便をする人がいる。

疲れた場合は顔が腫れぼったくなったり、茶色くなったりするが、疲労がぬけるとまた白く戻る(全般に肌は黒っぽい人が多い)。疲労が皮膚に影響することも多く、急に体が痒くなるような湿疹や、帯状疱疹などはみんな捻れ型の人がよくなる病気である。

性格・感受性(負け勝ち)

捻じれ型は総じて「勝ち負け」にこだわる。7種が「勝とう」とか「優位に立とう」とするのに対して、8種はひたすら「負けない状態」を保とうとする。

7種は勝負事を好むのに対し、八種はむしろ嫌いな人が多い。しかし負け戦を好んで買って出て、じっと耐えつづことに美学を感じる面がある。七種であればこのようなことはしない。負けてもともと、という状況だと八種はやや気楽に頑張れるからだと思われる。

対人関係では八種の子供は、兄弟や友達など具体的な対象と比較されると途端に意欲をなくしてしまうことがある。「お兄ちゃんのほうが○○だ」、とか「○○ちゃんはもっと□□だった」などは禁句である。八種の子供には歴史上の偉人などを紹介すると、自分も憧れてがんばることがある。

また捻じれ型の話は針小棒大の如く大きくなりやすい。自分でも気づかないうちに「すごく○○だった」などと言っているが、実際に確認するとそれほどでもないことがよくある。

人付き合い

捻れ型は虫の好かない相手であっても、ケンカをしっかりやりきると仲良くなることがある。勝てそうな相手には強気でぶつかり、つぶしてしまう。また一度やっつけると安心して可愛がることがある。

捻じれ型(特に八種)は義理を重んじる。情もよく働き、上下関係の中で上に従順、下には高圧的になりやすい反面、よく面倒を見たがる。リーダーシップ的に大勢を一度に見るというよりも、一対一形式で「あなたはこうした方がいい」などと言ってお節介を焼く。必ずしも喜ばれるかというとそうでもないが、相手のために情熱的になる。

生き方(職業)

八種はこつこつと努力を積み重ねて、生涯苦行の途上に生きるような生活をする人がいる。またそうやって苦しいことに耐えていることに生きがいを感じ、安心する。

八種は白黒はっきりした世界で戦い続けるよりも、自分だけの世界(戦いの場)で仕事(職人やスポーツ選手、宗教家など)を粘り強く続けることができる。

道義に反するようなことをすごく毛嫌いして、不正に対しては体を張って正そうとすることがある。

社会的立場としては七種は常にトップをねらうのに対して、八種は自分が長になるとグラグラして途端に不安定になる。人格、実力的に「この人はすごい」という人に出会うと、腹心という立場に収まって手腕を発揮することがある。

疲労傾向と対策

心の中で完全に負けたと思ったり、頑張りようがない状況になると泌尿器系の働きが悪くなり、小便が閊える。身体の水回りが悪くなりやすいので梅雨時の湿度にも弱い。そこからさらに側腹が張って厚ぼったくなると頑固になる(ぎっくり腰予備軍)。

風邪を引くとよく扁桃腺が腫れて熱を出す人が多い。

偏り疲労が一定に達したら、減食も効果的がある。動作で修正するなら、仰向けになって身体を「Cの字」になるよう横伸ばしするとよい。また横になってごろごろ転がりながら足と手を反対にして雑巾のように脇腹を捻じるのも有効である。

何より、エネルギーが鬱滞してきたら密かに張り合えるもの(対象)を見つけて、せっせと頑張れる状況を作ることを考えるとよい。

八種が濃く表れている人物

徳川家康 野村克也 江夏豊 小沢一郎 マザーテレサ フロイト