どのようにして「心の問題」に向き合うか

「心の病」を抱える年齢層の拡大

21世紀は精神性の時代になるであろう。もしそうならなければ、21世紀は存在しないだろう。

これは、フランスの作家アンドレ・マルロー(1901- 1976)によって残された言葉です。

日本でもだいたい80年代の後半には「21世紀は心の時代」と予見されていました。実際に21世紀になってみるとストレス社会という呼び声もすっかり定着し、以前にもまして「心の病」「心の癒し」という言葉を目にする機会も増えました。

かつてユング心理学では40歳を「人生の正午」として捉え、その前後に起こる価値観の崩壊と再構成のプロセスを「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」と称して重要視していました。また、このことから自らの心理学を人生後半の心理学とも呼んでいます。

しかし価値観の多様化した現代の日本では、そうした「生きづらさ」という目に見えない心痛に悩む人々はもはや中年層に限定されるものではないようです。それこそ10代の若者から老年期に至るまで、幅広い年齢層の方が社会的立場、性別の枠を越えて自身の「生き方」について深く考える姿はよく見受けられます。ともすれば自覚のある、なしの違いだけで現代は多くの方が精神の危機に陥りやすい状況にあるとも言えそうです。

多様化する「癒し」の世界

そのような世相を反映するように「心の問題」に向き合う手段も拡充し、精神科・心療内科での投薬や対話療法(カウンセリング)をはじめ、世界中の文化に拠った各種の代替療法に加え坐禅やヨガ、気功といった東洋的宗教観に基づいた身体運用法(≒修行)などが心の治療や癒しの手段として適用されています。

一方では急激に「癒し」の選択肢が増えすぎたために、結局自分にとって何がよいのかわからなかったり、いろいろな治療理念を知りすぎたために「〈私〉という個人に向き合う機会が失われてしまう弊害まで出てきているように思います。

本来心の問題でも体の問題でも二つとして同じものはありません。ですから、ある一つの価値観や治療理念にこだわっていては万人の悩み苦しみに対処することは難しいのが実状なのです。

治癒と自己実現の密接な関係

本当の意味で「治る」ためには、その人だけの固有の治癒手段と心の成長プロセスを踏むことで、「真に自分らしく生きる道」を探がし出さなければならなりません。ユング心理学ではこれを「個性化」と呼び、生きた人間が自らのちからで治っていく、その「過程」を重んじる考え方を生みだしました。

この「自分らしさ」を磨き出していく個性化は、どこまで行っても途中(プロセス)であって、終着駅はありません。生涯かけて自分の内側から解答を紡ぎ出していくものであり、換言すれば「いつまでも柔軟に変化しつづける現在」こそが自然であり健康である、とも言えそうです。

一方、野口整体では「病気になるのも治るのも、同じ〈一つのちから〉である」と生命の真理を説いています。心でも体でも、「苦しいときに治っている」のです。この「病み苦しむ期間を、如何に活用するか」で、その後の身体や生き方を充実させようという視点は、野口整体とユング心理学に通底した生命に対する深い信頼の態度であると言えるでしょう。また比較的近年に誕生した「ホリッスティック医学」という概念はこうした考え方が科学的医療の世界にまで暗に波及したことが伺えます。

治療とは何か

近年、ホリスティック医学という分野が確立したことで、それまで主流であった投薬や手術という方法以外のあらゆる手段が治療現場に取り入れられる機運が生まれました。

こうして通常医療と代替医療の双方で様々な手法が生み出された結果、少しずつですが治療法選択の自由が認知されるようになってきたのが現代(の日本)と言えるでしょう。

ところで私は、治療とは「死を整えるために、現在に秩序を顕現させる方法である」という仮説のもと、今日まで研鑚を続けてきました。つまりこの仮説を満たすならば、あらゆる刺戟が治療となり得ると思っています。

例えば私が過去にお会いした人の中にも、面白い経過を辿って回復された方が沢山おられます。ある女性は和裁を習いはじめてから皮膚のアレルギーがすっかり出なくなりました。また、数ヶ月間に渡って海外をバックパッカーで放浪して帰ってきてから、抑うつ的気分がかなり軽減し、その後数年たっても安定した身心を保っている男性もいます。このように五感(六感)を通して感知されるあらゆる刺戟(音楽や味、香り、色彩‥etc)は必ず身心に何らかの反応と変化をもたらし、いのちの秩序回復要求を喚起するものです。

治癒の主体はクライエント自身

せい氣院では現在認められているいろいろな治療法の中から、「手当て(愉気)」と「自由運動(活元)」、そして「対話(カウンセリング)」という3つの手法を主軸にしてクライエントの自然治癒力を援助いたします。これにときおり風景構成法という絵画療法を試してみたりもしますが、常にそのときの受療者の心にぴったりと沿う最適の方法を模索しながら、慎重に進めるように心掛けています。

大切なことはクライエントに「良質の変化」を引き起こすという結果であって、メソッド(方法論)ではありません。また優れた治療者ほど受療者に起こっている「問題」を多面的に探ることを怠らず、またあらゆる方法を試みて、成果に結びつけようとするものです。つまり「私は何々療法を行ないます」という方法論にこだわり過ぎないということです。

そのために、私はその方にぴったりと合う刺戟を探し当てられるように、自分の感覚を純粋に保つことを何より大切にしています。本当に何が良いかはクライエントさんの身体と無意識に訊ねて、その方の〈いのち〉に教えていただくより他はないのです。整体や心理療法の臨床というのは特にそうだと思うのですが、同じ現象(相談)は二度起こりません。本来の「治療」とは、毎回違った〔問題〕にたった一つの答えを二人で協力し合って掘り当てていくという、極めて創造的な作業なのです。

そして、最終的にはクライエントが自分で治っていくことで、病気を通じ自身の生命力を自覚することが大切です。そのためせい氣院ではお越しになられた方が、ご自身の身体、そして無意識と落ち着いて向き合えるだけの静かな環境を整備することを第一に心掛けています。いのちあるかぎり、生命はその全体性に向かって動き続けることを止めません。ご相談に来られた方がいのちの根源的な快の感覚を信じ、本当の意味で自立して生活できるようになるまでしっかりサポートさせていただくことが、当院の使命であると考えています。

野口整体の整体指導とは

どのようにして「心の問題」に向き合うか

病気とは「抑圧」された感情を解放する力

自己実現 – 整体によるアプローチ