体癖各論 上下型 一種

動作の基柱

腰椎1番:大脳型

体型

上下型は縦に長い。顔も長く全般に高身長の人が多い。上下型一種・二種ともに首に特徴があり、特に一種は太く垂直に伸びている。体力が余ると全般に脳の運動(思考活動)によって解消されるために、血液の流通が多くなり結果的に首が太く発達する。手足も細長く、バレエのような伸展動作を得意とする。

体質

一種は空想するとそれがよくに身体上に現れる。例えば食べたものが「それは腐っていたよ」などと言われると、たとえウソでも言われたことでお腹が痛くなったりじんましんが出たりする。逆にオモチャの御守りのようなものでも、うっかり信じればそれで安心して丈夫になってしまう(イワシの頭も信心から)。

誰にでも少しはこのような心身相関現象は見られるが、上下型の場合は特につよく現れる。全般に周りから何か言われると「そういうものなんだ」と信じやすい。

一種の動作は非常にゆったりして、おだやかにみられやすい。実際、喜怒哀楽の感情は思考活動によって処理されるので、ケンカした後で「次ぎ合った時にはこう言って怒ってやろう」などと考えて上手くいくことを空想すると、もうそれで気が済んでしまう。

「眠る、眠れない」ということは急所になる。疲れたり、具合が悪くなると、最近よく眠れてなかったか?とまず考える。

またしゃがむことは苦手で好きではない。しゃがめない人もいる。

性格・感受性(毀誉褒貶)

知的で物静かに見られやすい。感じたことよりも言語的に考えて納得のいく方を信じる。最初に「あ、」と感じても、すぐ動作に移れないためにチャンス(機会)を逃すことがある。これと反対に九種は直感したこと以外は行動にならない(電光石火)。

例えば食べ物を選ぶ場合、「これにはこういう栄養があるよ」、というとそのものが美味しいか不味いかは何処かに行ってしまう。本で読んだり、〇〇食事法など勉強熱心になる反面、あまり美味しくない料理を作って平気で食べていたりする(盛り付けや全体のバランスは上品に整えている)。

意識はだいたい「上方」に向いている。だからキッチンの収納などは下のストッカーよりも吊戸棚をよく使う。逆に足元の意識は手薄であり、あわてると躓いたり足をぶつけたりしやすい。

眠りに関する執着はつよい。旅行計画などを立てているときに、何時に着いて、翌朝何時に出るから、〇〇時間は寝られる、などと無意識に考えている。

俗にいう「天然」とか「フシギ」とか言われる人には一種が多い。

人付き合い

深い友情のような、「情」というのはよくわからないが、全般に広く平坦に付き合える人が多い。初対面でやりづらい相手だなあ、と感じてもそうした好悪の感覚を離れてよく話し合うことはでき、相手の話のつじつまが合うとこれで少し「理解ができた」などと思う。

大脳(思考)型の一種は感情優位の三種に惹かれやすい(ユング心理学でいう「影」にあたる)。また直感力の優れた九種ともお互いに補完し合うためウマが合うようである。

一種は贈り物をするとき、「ブランド」ものを選びやすい。有名人が愛用していたり、著名人のお墨付きなどがあると、「これはイイ」と思って贈る。それでも受け取った相手の感情までは空想できない。もらった場合もどこそこのお菓子、など銘柄に反応しやすい。

生き方(職業)

「社会規範」というものを遵守することを重視する(「人と変わっている」ことを過度に忌避する)。

人から悪く見られないようによく注意して行動し、こんな事をして笑われはしまいか、というような行動はしない。これとは対照的に三種は自分の「感じ」主体で動いてしまう(ガマンができない)ので、一種から見ると「はしたない」と思う反面、魅力的に見えたりするようである。

特定のドグマやイデオロギーなどにつよく傾倒する体癖(一種・六種・八種)でもあり、政治家・指導者などにもよく見られる。

明治維新後から戦前までは学校の先生は一種が多かった。現代では大学卒業後まで院に残って研究職に進んだり、〇〇学者というタイプに多い。

詩人、作家など言語を中心とした創作活動を行なうタイプの人もいる。

またバレエのようなダンサーや野球、バレーボールなど(手の挙上動作が得意なため)スポーツの世界にも一定の割合で見られる体癖である。

疲労傾向と対策

頭を使うことに長けているが、眠れないということには抵抗ができず、全身がくたびれてしまう。だから眠れる環境の確保が大事となる。

頭が疲れたときには、椅子に座って足を机の上に乗せるとよく休まる。

仰臥して手を伸ばす、同時につま先をあげてアキレス腱を伸ばすと疲れが抜けやすい。

一種が濃く表れている人物

吉田松陰 佐久間象山 近衛文麿 岡潔 芥川龍之介 良寛 坂本龍一 トマス・エマーソン ランディ・ジョンソン、ダルビッシュ有 木村沙織 シャルル・ド・ゴール ルノワール モク=レン(『僕の地球を守って』) エミリー(『機関車トーマス』) モディリアーニの描く人物像 アルベルト・ジャコメッティの作る彫刻