活元運動とは何か

活元運動とは

活元運動とは、頭をリラックスさせて人間の健康を保とうとする働きを活発にする運動です。身体に無理をかけずにどなたでも自然に行うことができる、安全な体操(運動)法です。

寝相がみんな違うのは人はそれぞれ疲労の傾向が異なるからです。そのため疲れを取るための格好や運動はみんな違います。手足をぱたぱたしたり、正坐のままぽんぽん跳ねたり、ころころ寝転がったり、活元運動はその時その人に合った動きを身体が感じるままに展開します。また活元運動は意識的にいつでも止められますが、それよりも運動が充分に出ることで身体が整い、自然に止まるほうが理想的と言えるでしょう。

「どういうものか知りたい」という方は体験していただくのが一番間違いがありません。ただ、独学ではなく正しい指導者に学ばれることをお勧めします。ここでは文章でできるだけ活元運動についてご説明いたします。

身体の自然に委ねる

ゆらゆら、ばったばった、ぐらんぐらん、始めて見た方は奇妙に感じる方もいますが、見る人が見ると「美しい」という評価もあるのですから不思議なものです。

これが一体どのような運動なのかというと、「体のバランス機能を活性化する運動」と言うと適当でしょう。そもそも「健康に生活する」ために何かに頼る必要はないのです。

例えば、走れば誰でも心臓がドキドキしますし、食べれば自然と胃袋が動きます。そういう生理的な、ごく自然に行われている生命活動が私たちの健康を支える上でどれ程重要か、あまりに当たり前すぎてその多くが見過ごされています。

例えば「体温」などもそうです。暑くても寒くても平熱を保っているのは身体のバランス作用がいつでも働いてるからです。

さらに、身体に雑菌が入ると、自然に熱が出て繁殖を食い止めます。ですが熱が42度を上回るということもありません(そのため体温計の目盛りは42度までです)。すなわち「生きている」というのはそれだけで、命のバランスを保つ力が完璧に働いているのです。

このような力(恒常性維持機能)をそのまま発揮できれば、外からいろいろなストレスを受けても自前の体力だけでみんな間に合います。

ですから健康生活の実現といっても、これからそういう身体に「なる」という訳ではありません。もともと備わっている生命の力に目を向けて、積極的に自分の体力を使っていけばそれで充分です。

そのためにはまず、身体がゆるんで活性化するために、頭をよく休める(ポカンとする)ことが大切です。

「ポカン」として身体(無意識)の動きに任せる

それでは具体的にどういう方法を取るかというと、意識活動が休まるように呼吸法と準備動作を行ない、その後瞑目してポカンとした頭で身体に任せていくようにします。

「息をやわらかく吐き切る」「背骨を捻じる」「延髄に力を集めて抜く」、というこの三つの準備体操を行った後、正坐か椅子座でひざの上に掌を上に向けて置きぼんやり待っていると、後はひとりでに運動が出てきます。

すぐにそれ(活元)らしい運動が出る人もいますし、逆に活元運動が出るまでに時間のかかる人もいます。人によっていろいろですけれども、とにかく続けているとやがてはみんな出るようになります。

活元運動が出やすい人は身心が敏感だと言えますし、出にくい人は頭のゆるみにくい人です。自分で自分の感情や欲求などを「コントロールしよう」とする意思の強い方ほど、筋肉・内臓・骨などが固くなりやすいので、こういう方は活元運動をやっていくとだんだん生活が楽になっていあれます。

最初にも述べましたが活元運動は年齢や性別を問いません。スポーツと違って怪我をすることもありませんし、一般家庭で一畳ほどあればできる安全な運動なのでどなたにも勧められます。

興味を持たれた方は、当院で月に4回ほど活元運動の指導を行っていますので、まずはお問い合わせください。