活元運動の反応とその実際

活元運動の反応とは?

活元運動には好転反応と呼ばれる三段階の反応期があります。

活元運動とは錐体外路系(錐体外路性運動系)という身体のバランスを取る生理機能を、準備動作と気の誘導によって活性化させる自然運動です。

これによって今まで身体の中でも不活発であった部位が、ちょうど油でも指したように少しずつ動きはじめるのです。これにより身心の敏感さを取り戻す効果があります。

このときに人によっては身体が治っていく経過反応として、さまざまな症状でてくるのです。反応の中には「好転」という表現とはうらはらに熱が出たり下痢をしたりなど、苦しさを伴うものもありますので、活元運動に取り組む前にあらかじめ知っておかれると不安感が少なくて済むでしょう。

反応の三段階は弛緩・過敏・排泄の3つに大別されますので、これらを一つ一つみていきます。

1.弛緩反応

先ずはじめに起こるのは「ゆるみ」の変動です。具体的には眠い、だるいといった弛緩反応(第一反応期)です。疲労感でくたくたになる感覚を伴います。人によっては食欲が落ちることがありますが、いくら眠っても眠り足りない、お風呂に入りっぱなしのような気持ちのいい時期として過ごせるのがこの弛緩期です。

この時期を上手に経過するコツとしては先ず眠りたいだけ眠ること。ごろごろしながらゆるみを促進することです。ただし身体は刺激に対して無防備とも言えますので、つめたい風に長くあたるなどして、うっかり冷やさないように気をつけましょう。この時期に汗をかいてそのまま風に当ると体を毀しますので注意が必要です。

2.過敏反応

弛緩反応を過ぎる頃になると、人によっては肌のすぐ下を水が流れているような、涼風感を味わいます。場合よっては悪寒のように感じる人のもいます。これは次の過敏反応(第二反応期)の状態です。先ほどの弛緩反応期はわりと心地よいものですが、過敏反応期には熱が出る、あるいは古傷や昔の打撲のあとが痛むことがあります(痛みのある時に治り始めている)。またはまぶたが腫れたり、歯が腫れることもあります。これらの急性病のような症状はすべて、次の反応期におこる「排泄」に向けて身体が活発に亢進していることを意味しています。

弛緩反応期には「安静」に過ごしましたが、この熱が出ている時期は起き上がって動いていて結構です。ごろごろしていると経過はかえって滞ります。やってみるとわかりますが、40度近い高熱があっても意外と気持ちよく動けるのがこの過敏期です。

3.排泄反応

弛緩・過敏という2つの反応期を過ぎると最後の排泄反応に移ります。いわゆる毒出し、錆び落としの時期に入ってきます。ぽつぽつ湿疹が出たり、皮膚のうす皮がむけたりなど、肌に症状が出る人もいます。また下痢をするなど、大小便が大量に出たり、目ヤニや鼻水がたくさん出るなど、いろいろなものが体外へ排泄されます。女性の場合は生理の時に血の塊のようなものが出た、という報告を何度かいただいたことがります

この排泄期までくれば好転反応は仕上げに近づいています。特にこの排泄反応まで終ったら目や頭を使うことを避けて、身心ともに弛みきって身体に任せるようにすることが大切です(パソコン・スマホは最小限に)。症状が治まったからといって急に起きて活動するとこわすので注意しましょう。

この活元運動の反応については『整体入門』に面白い記述がありますので、引用しておきます。

反応の経過で注意すべきこと

反応中は肌着は汚れるし、爪は伸びやすくなるし、ふけは多くなるし、傍へ行くと臭い。中には体内で石をつくっている人などはその溜めている石を、胆石でも、腎臓結石でも、膀胱結石でも、どんどん出してしまう。ただこのような反応期に石が出る場合には、固まりにならないで、臭い尿になることが多いが、ときどき気忙しい人がいて、胆石でも、あるいは膀胱の石まで、固まりのまま出すことがある。膀胱から大豆大の石が出たという人も、胆石で三十六個も出たという人もいました。またバケツに三杯ぐらい下痢をしたとか、鼻水が洗面器に一杯出たとかいろいろありますが、ともかく排泄反応まで来れば、もうよくなると安心できるのです。(野口晴哉著『整体入門』ちくま文庫 pp.65-66)

活元運動は敏感な身体を育てる

ちょっと信じがたい内容も含まれますが、せい氣院で活元運動を覚えられた方の中でも翌日からどーんとだるくなったり、風邪を引きやすくなったりした(38度以上の熱が出る)という報告をいただくことはあります。下痢でも、ほぼ水に近い状態で大量に出た人がいます。

ですから活元運動によって病気がなくなるのだと思ってやられると見当がはずれます。身体が丈夫になる、ということはある面では病症が出やすい敏感な身体を育てることなのです。

そういう意味で活元運動による反応の実体というのは急性病とほぼ同質のものです。それまではそういう病気の必要性がありながら、発症しなかったのは鈍かったからであって、それだけ敏感になったという目安になるとも考えられます。

活元運動の反応が出ない人

以上、ここまで好転反応の注意点をあげましたが、実はこのような際立った「反応が出ない人」も一定の割合でおられます。こういう方ははじめからそこまで身体が鈍っていなかったか、経過自体が非常にゆるやかであるためにわかりにくいのです。なんとなく眠い時期があったり、少し熱っぽかったという程度で済むこともめずらしくはありません。

おそらく文章による解説と、実際にご自身で体験されたものはだいぶ違うと思います。一生に一度、できれば早い段階で活元運動を体験して反応を経過されると健康生活の大きな助けになると思います。

今月の活元会のお知らせ