野口整体の活元運動にみる宗教的側面

野口整体は宗教か?

野口整体はこれを身近に体験したことのない外部の人たちから「宗教のようだ」という評価をされることがよくあります。特定の団体を創設し、その会員を対象とした体育(健康)指導を行なうという性質からそのような見解が生じるものと思われます。

さらにそのような見方を強くする要因として、活元運動という独特の体育手段が上げられるでしょう。この運動様式が一般的な体操・運動療法に比べてあまりも奇態に映るため、ある種の嫌悪感と奇異の目が入り混じった意味を込めて「宗教」という評価を受けるのだと思います。

また、その素地としては地下鉄サリン事件のショックが大きいと思うのですが、現代の日本人は全般に「宗教」に対して過敏になっています。その結果、本当の信仰や宗教について深く考えたことのない多くの方が、「いわゆる宗教」というものについて漠とした忌避の念を抱いているように思われるのです。

まずはっきり申し上げらるのは創始者 故野口晴哉氏の創られた整体協会は公益社団法人であって、宗教法人ではありません。これだけで最初の命題に対する答えは足りると思います。

それ以上のことは個人の価値観や宗教観による判断に委ねられると思いますが、ともすれば「野口整体」が科学的な論理性やエビデンスに乏しい低次元の民間療法として、広く浅く認知されることは喜ばしいことではありません。

その歴史も決して古いとは言えませんが、創生から半世紀を優に越えていますからそれほど浅くもないでしょう。加えてその高度に洗練された生命倫理に基づき伝承されてきた思想と技術、そしてその社会的有用性は一部の有識者層によって一定の評価を得ています。

このような立場にある「野口整体」あるいはそこから派生した「整体」という概念を、「宗教」という名の思考停止に追いやることが賢明な態度でないことは上の一考察からもお分かりいただけると思います。

宗教とは何を指しているのか

そもそも「宗教とは何なのか?」ということ事態が非常に可動域の広い柔軟な概念であり、世界にあまたある信仰や宗派の数だけ定義も別れることでしょう。これに決着を付けようとしたら、当然この小文をもって賄いきれるものではありません。

ちなみにウィキペディアの「宗教」の項においては巻頭に次のような一節が置かれています。

宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。(ウィキベディア「宗教」より)

これも「人間の力や自然の力」をどこからどこまでとするのか、など考えようによって観念の範疇はいくらでも動揺します。

その一方で「野口整体」にも定義はないのです。※うして煎じ詰めると、定義の曖昧な2つの概念を、同質のものであるかどうかとあれこれ考えること自体がナンセンスなのです。※弊サイトの野口整体とはもご参照ください。

そうは言いながらも、やはり巷にはまぎれもない「誤解」が横行している面もありますし、例え科学的客観性が曖昧なものであっても、道義的に「これは違う」ということはやはりあるのです。これを正す意味でも、また少しでも初心の方の理解の助けになればという気持ちで、もう少し書き進めてみようと思います。

信仰や宗教以前の力に目覚める

野口晴哉著『整体法の基礎』の中に、信仰や宗教に因んだ一節がありますので、その一部を引用いたします。

昔といっても、戦争の直後に、いろいろな新興宗教が出来たころ、宗教をやる人たちは何か不思議なことをやらないと都合が悪いのでしょう。私のところにも精神集注する術や、活元運動や愉気の方法―を習いに来ました。教えたのが良かったか悪かったか……今になってみると、その人達は外路系の体育としての活元運動をやらないし、精神集注の術としての愉気を行なわないで、それをみんな信仰のお蔭だと言って、奇跡を行なうつもりになっている。しかし活元運動も愉気もそういうものではない。私は、総ての人が持っている力、自然の動きとして、受け容れて欲しかったのです。そのように受け容れられていたならば、こんなに病人が多くはなかったと思うのです。実際、信仰や、徳や修行でやれるようになったなどというために、誰れも自分の裡なる力に目覚めない。活元運動は、自分の裡なる力に目覚めて、はじめて自分のものになるのです。それを、みんな偉い人の徳の所為や、信仰の所為にされてしまうことは大変迷惑で、その当時、教えたことを、今になってがっかりしています。(野口晴哉著『整体法の基礎』全生社 pp.56-57 太字は引用者)

このように当時から「宗教家」が野口整体に目を付けて、手法を習いに来ていたことがわかります。やはり活動の初期から宗教「的」な何かをかもしだしてはいたのでしょう。

ところが開祖である野口先生はその様な態度に難色を示していたこともここに記されています。一見宗教的に見えても、「そのような宗教」に堕ちてしまうことを嫌悪しておられたのです。

ところで「活元運動は、自分の裡なる力に目覚めて、はじめて自分のものになる」とありますが、この自分の裡なる力に信を置くという点こそが本当の意味で宗教が担うべき領域ではないか、と私は思います。

実は仏教の中でも禅宗はこれに近い教義を備えています。禅とは「人間的な価値観やはからいをこえた、絶対現在にある〈いのち〉に目覚めること」です。これによって人間というのは、どんな状況にあっても救われるように出来ているのです。

野口先生という方は『臨済録』や『碧巌録』といった禅仏教の経論を幼少期から愛読されていましたので、このような思想が自然と身についていたものと思われます。

全人類を分け隔てなく救うべき宗教とは、本来このような姿でなければならないはずです。

よく考えてみれば、宗教の「宗」という字は「根本とするもの。おおもと。」という意味です。この世界の根本とは、すなわち〈いのち〉とも言い換えることができるでしょう。これを明らかにするための教え、という意味では野口整体は禅と双璧をなす真の宗教たり得る存在であると言えそうです。

実際のところどんなにすばらしい信仰や宗教を持ってしても、それらに人を救う力を持たせるかどうかは、個人の信心と力量にかかっているのです。野口整体があなたにとっての真の宗教となり得るかどうかは、自分自身で実践し見極める意外にありません。

「野口整体とは、宗教とは何か?」また「生きるとは何なのか?」、そんな雑念はかなぐり捨てて、自分自身の生命を今この瞬間に懸けて、全力で生きることが野口整体なのです。一切の依存を排除し、これだけ力強く生きる道を示す教えですから、内外から宗教的と言わざるを得ないのもわかる気がしますね。