仙腸関節の痛み

仙腸関節とは

仙腸関節とはお尻の真ん中になるハート形の骨「仙骨」とその両わきをかためる蝶々のような骨「腸骨」を連結している関節のことです。

関節といってもこの部分は強靭な靭帯でつながっているため動く幅はわずか数ミリ程度ですが、人間の健康を支える上でこのわずかな可動性が非常に重要な役割を担っています。

この仙腸関節がやわらかいと横隔膜がやわらかく上下動して呼吸が深くなりリラックスできます。逆にこの仙腸関節をつないでいる靭帯が固くこわばると腰の片側、もしくは両側ががしくしくと痛んだり、精神的にも緊張がほぐれず疲れやすくもなります。

骨盤と心理状態とのつながり

身心共にリラックスした状態のときに骨盤を触ってみると、左右の幅がふわりと開いていることがわかります。女性の場合は生理の時にきちっと骨盤が開いていることが望ましいのですが、ストレスで頭の緊張がゆるまないと仙腸関節が固くなって骨盤がスムーズに動かず生理痛や月経不順をおこしやすくなります。このように骨格の中でも特に骨盤は心理状態をよく表します。

逆に言えば整体によって仙腸関節がしっかり動くようにしておけば、心のストレスもかなりコントロールすることができます。このように体の刺激によって心をリードすることは整体の技術の中核といます。

無理なストレッチで傷めやすい仙腸関節

お身体を拝見していますと、この仙腸関節を強く伸ばそうとしたことで痛めてしまう例をときどき見受けます。

ストレッチというのは意識的動作で体を伸ばしてゆるめようとする作業ですが、先にご説明したように骨盤の可動性は無意識の影響を受けやすい所です。

例えるなら、凍ったゴムをグッ!と強く引っ張ったら割れてしまうのに似ています。そんな状態に似たことが体の上で起こってしまいます。つまり無意識の緊張があるのに頑張って伸ばそうと「ぎゅーっ!」としたとたんに「ビリ!」っとなって「イタタ!」という怪我が意外に多いのです。

何故かは「痛み」が教えてくれる

人の体は固いところを無理にひっぱったり揉んだりしてもやわらかくはなりません。「何故そうなったのか?」を心と体の両面から確かめて、根本から原因を取り除くことが大切です。

まずは椅子に座ったり、横になるなどラクな姿勢を作った上で自分の呼吸や背骨を感じてみましょう。どこかに言葉にならないモヤモヤとした感覚があれば、その気持ちに寄り添うようにしてしばらく「ぼんやり」してみると良いでしょう。痛みは必ず何かを教えてくれています。意識で命令するように「ゆるませよう」と思っても身体はなかなかいうことを聞いてくれないものです。

仙腸関節の痛みに限ったことではありませんが、大事なことはいつでも自分の身体や無意識との対話です。本当のリラックスは「意識的」に行なうことはむずかしく、むしろ何かしようとすることをやめることで身も心もゆるんできます。痛みが出たらまず身体の言い分を聴く、ということを知っておくと心の中には自分で気がつかない気持ちがたくさんあることがだんだんわかってくると思います。