せい氣院

体癖各論 捻れ型(九種・十種)

動作の基柱

腰椎4番:生殖器型

体型

九種は全般に小柄な人が多く、年を取るとさらに縮んでくる。お尻(骨盤)の幅が極端に狭く、後ろに出っ張って(トンガって)いる。二の腕(肩から肘)、大腿(股から膝)までが太くて長い。筋肉質であり、小さいが服を脱ぐとしっかり、締まった身体をしている。

十種は大きく開いている(大柄な人が多い)。お尻は幅が広く、後ろにはあまり出ていない。九種とは対照的にあまり密度を感じさせない。

体質(密度・速度)

九種は縮む、緊張する速度が速いために、体型は細く小さいのに強靭である(ずっしりとして密度が高い)。また体力が充実しているので集中力の持続が出来る。

つま先(拇指の根元)にいつも力が集まっているために動作が迅い。しゃがむと重心が足裏の外に逃がされ弛み、休まる。しゃがむことは九種の休息の姿勢である。

十種はもともと足裏の外側に重心がかかっており、しゃがんだときにおでこをつつかれるとひっくり返る。

性格・感受性(愛憎)

九種は愛すること、憎むことで大きな力を発揮する。俗にいう「恨みつらみ」というのは九種の言葉である。映画や小説などで数年越しに恨みをはらすような人物はほとんどが九種タイプである。

また九種は「烈しい」ことが特徴である。何ごとにおいても極端に奔りやすく、関心を示したものはとことん突き詰める。一つのことに集中して全体のバランスなどは考えないが、行動した結果意外に調和が取れていることは多い(勘が鋭い)。

「何故そうか、どうしてそうなるのか?」と考える。疑問に思ったら根源的な理由・原因に突き当たるまで深々と掘り進む。どんな小さな理論的躓きや食い違いも見逃さずにしつこく食い下がって探求する。

物事をゼロか百かという観点で考えやすい。また命懸けという生き方を好む。

気に入ったものを溜め込む癖がある。人によって様々だが、「これは」と思ったものをどんどん買い溜めして、一生で使いきれないほど所有することがある(そして持っていることを忘れてしまう)。

発達障害の一つであるアスペルガー症候群と九種体癖の特徴は重なる部分が多いようである(「同じもの」かどうかは不明)。

着衣はダーク系、モノトーンを好んで身に付け、上から下まで隙のないコーディネートをする。同じ服、同じ格好を続ける人が多い。

人付き合い

九種は疑り深い反面、一度信用してしまうと後で騙されたり裏切られるようなことに出会っても「必ず何か理由がある筈だ」などと思い、どこまでも信じようとする。ただし、一度でも失望したり嫌ったりした場合は生涯絶縁状態になってしまうことも少なくない。

開閉型は弱い立場のものに惹かれ、つい過剰に庇ってしまう。よって九種が一度恨んだ相手でも、ひどい目にあってボロボロになっている姿を目にすれば復縁する可能性も生まれる。

九種は社交辞令や、お義理の付き合いが苦手。心の深いところで繋がれる人を大切にする。

九種が贈り物をするときは、外装(包みや封筒)は気にせず実(じつ)のあるもの(相手にとって価値のあるもの)を見分けてサッと送り、あとは何も言わない。貰うときにはくれた人の「心」につよく反応する。

心のこもったプレゼントなら、客観的に価値がなくても深く感動する(目に見えない「質(氣)」にこだわる)。

十種は大勢の人と交わるが、濁らず一人一人に深入りしない。客観的には「博愛」に見えるが、深い付き合いということがわからないようである。

生き方(職業)

九種は危なっかしいことでもスラスラ行なうので、鳶職などにも多い(勘がいいためにまわりが心配するほど怪我をしない)。

人のやらないことでも、興味が沸けばかまわずやり通し、後から道ができてくる。集団行動はむかない。他人の価値観に従がって動くことを好まず、いつでも自分で感じ、考えたことを実現する方向に生きようとする。

このような生き方ができないと、エネルギーが内向してさらに圧縮されると、「うつ」になったり、突如爆発的な行動をすることがある。

十種には「こだわり」、というものがない。だから生き方や職業にもつかみどころがなく、巡り合ったものを淡々と行っているように見える。

疲労傾向と対策

開閉型は一定期間、自分が「感じた」ように動けない生活が強いられると草臥れて、弱ってしまう。

九種がくたびれたら一人になること(締め切った部屋でうずくまるなど)。周囲にいる人は当人がゆるむまで待つ以外ない。

九種が濃く表れている人物

九種
養毅 岡本太郎 土門拳 スティーブ・ジョブズ 阿川佐和子
十種
双葉山 山岡鉄舟 米倉涼子