せい氣院

自己紹介

朝比奈洋介(あさひなようすけ)
1977年 横浜市生まれ

高校1年の秋、空手の道場に入門したことをきっかけに「心と体」の問題に気づきはじめる。

20歳の頃にM・スコットペックの『愛と心理療法』という本を読み、人の心が心理療法によって癒えていくプロセスと心の成長モデルに興味を持つ。

28歳の時に「野口整体」の存在を知り、創始者である野口晴哉の説く死生観に共感する。野口整体を実践している道場を探し10年通う(うち、門下生としては4年半)。

2009年(32歳の時)に横浜の大口に整体指導室「せい氣院」を開業。2014年7月 結婚を機に現在の横浜反町へ移転。

2015年 通っていた整体道場を辞去。これ以降は野口整体とユング派の心理療法を主軸に、現代の日本を生きる人たちに役立つ心身の援助のあり方を模索していく。

現在は特定の団体や派に属さず、相談に来られた方の「個性」を大切にしながら、その方なりの生き方を支援するためのカウンセリングと整体を行っている。