せい氣院

体癖各論 左右型(三種・四種)

動作の基柱

腰椎3番:消化器型

体型

三種はまるみがあることが特徴。顔、肩、お尻などまあるく、全体にふっくら、ふんわりしている。よく笑っていることが多いため、普段から目が細くなっている人も多い。重心は右か左かに偏りやすく、たいていは多く体重のかかっているほうの足が短くなっている。三種は全般に右肩が高くなっている。

三種とは対照的に四種は左肩が上がり、細く、骨ばっている。胸は薄く骨細であり、俗に「線が細い」などといわれる人は四種に多い。

体質(豊か)

三種はやわらかい。色白でキメの細かい、しっとりした肌である。喜怒哀楽の感情の処理を食事でまかなうため胃袋が丈夫に発達している。食べたいものを適量食べられると、呼吸が深くなり重心が足裏まで下がって落ち着く。

四種は心身ともに繊細で、何か心理的に負担になるようなことがあるとすぐに食べられなくなる。このとき左肋骨の下がぎゅーっと凝固していて、痛む場合もある。

性格・感受性(好き嫌い)

好き・嫌いということが全ての行動のもとになる。理屈や思想、利害などにも感情を通じて反応するが、とっさに行動する時はやはり好きな方を取る。

三種はおっとり、ニコニコしているかと思うと急に怒ったりもする。

四種にも感情の起伏はあるが傍から見てもわかりにくい。不快を感じても、それが表現されないまま体を固くしてやがって雰囲気が暗くなってくる。

また色彩に敏感であり、形の良し悪しはあまり気にならない。(⇔五種は形に敏感、色に鈍感)鮮やかな原色を好むので、着ている色だけを見るとチューリップやパンジーが歩いているみたいになっていることがある。

三種・四種ともに芸術的感性を持っている。

人付き合い

羊のようにみんなと群れて、お喋りしていることが楽しい。

三種の人が部屋にはいって来ると何となくみんなが話しやすくなり、場が温かになる。会社などで実際に業績を上げるのは五種タイプの人であるが、三種の人は環境がキツく締まり過ぎないように人間関係の緩衝材になっていることも多い。

合理性にうといという点でいくつになっても「子供らしい」。一方で、どうにも理屈に合わないようなものを一緒において平気でいられる親分タイプにもなれる。

同性異性に関わらず、上下型の一種を好む。知性的・寡黙であることが神秘的であり魅力を感じる(ユング心理学でいう「影」になる)。そのため一種の男と三種の女、という組み合わせは多い。

三種は九種のことがよくわかないが、九種は三種についひっかかってしまうところがある。見ていてイライラしたり、つい「好き(恋愛的)」になってしまうことがある。

四種はおとなしく見られがちであり、集団の中でにこにこしながら目立たず融け込んでいる。しかしながら本人の中にはイライラや葛藤が未消化のまましまわれていることも多く、これが過度になると病気になる(病気で感情エネルギーの鬱散をしている)。

生き方(職業)

三種は楽しくて好きなことをやって生きるのが無難であり、そのようにしている人が多い。

食べることに関心がつよいため、料理が好きな人も多い。ただし調理場での並行作業や細やかな損益の計算が苦手のため、プロの料理人やオーナーシェフより「料理研究家」などによく収まっている。

好きなものには素直に愛着を示すので、動物を可愛がったり、保母さんのような仕事にも向いている。

疲労傾向と対策

「おいしく食べる」ことと「おしゃべり」が元気のもとである(口唇運動型)。

また好きな人、気の合う人と気ままに過ごす時間が大切。

三種が濃く表れている人物

矢野顕子 徳光和夫 稲尾和久(三種・八種) 大鵬幸喜 ビル・クリントン

体癖各論