せい氣院

全生 - 今のいのちを生ききる

整体は正しい体を保つ為の教養です。昔は技術でした。それが体育になり、これからは教養として人間の持っている本来の能力を自覚し、発揮し、人間の全生活を潑剌とした方向に進めることであります。(野口晴哉著『風声明語2』全生社 p.37)

野口晴哉の整体法を実践するにあたり、「全生(ぜんせい)」という概念の理解が非常に重要になります。

これがなければ整体操法の形式のみが妄用され、他の手技療術との区別はつかなくなります。特に素人目にその違いを見極めるのは困難でしょう。

確かに整体法には手技療術としての側面も認められますが、それらの技術をどのような目的の元に使うかという確固とした哲学が整体指導者の中に生きた信念として確立していなければなりません。

例えば同じ刃物であっても使い手によって善用も悪用もできるもので、それがよく練磨された鋭利な物であればなおのこと使用者の精度の高い技術と上質な倫理観が必要なのです。

整体も同じように、ただの手技として技術を覚えて闇雲に振るうだけでは画竜点睛欠いた紛い物となるでしょう。そこに、一人の人間を包括的に生かす為の普遍的な思想や哲学が求められます。

そうした全人的、あるいは全人類的に人間生命の興隆をはかる哲理に相当するものが、「全生」思想とも呼ぶべき一つの生命観なのです。

「全生」という言葉は聞く人によっていろいろな意味が想起されそうですが、一言で申せばこれは「全力発揮」ということになると思います。

それも「今、ここ」における〈いのち〉を最大限に使っていくというほどの意味で、これを可能とする身心の構え(整体であること)を錬成し、修養によって心のノーマルな状態(天心)を保っていく態度にこそ整体法の精髄があると申せましょう。

ここで野口整体の講義録の中から全生に関するものを抜粋して以下に引用します。

野口晴哉

やはり人間は若い頃から溌剌とエネルギーを発散して生きるように計画しなければならない。私はそういう意味で「全生」という言葉を使い、雑誌などを出してきた。これは生命を全うするというのではなくて、生命の全部をかけて現在を生きるということなのである。(野口晴哉著『潜在意識教育』全生社 p.168)

野口裕介

「全生」と野口(晴哉)先生が言っていますが、それは長生きをすること、長寿ということを言っているわけではありません。全生という意味は長々と生きるという意味ではなくて、人生を精一杯生ききるということです。生きているその瞬間、その瞬間を、全力を出して生ききることだと言っておられるのです。ですから、野口先生的感覚で言えば生き方(在り方)の問題なのです。<中略>
ともかく、全生というのは、たんに長く生きることを理想とし、細々と生きるということを言っているわけではありません。私たちが生ききると言っているのは、精一杯自分の興味をもって、自発的に、力の限り、一生を生き抜くということを言っているわけです。(『月刊全生』平成11年10月号 p.11)

太字および()<>内は引用者による加筆

野口裕介氏は晴哉先生の三男にあたる方ですが、ここで両氏が強調されているように、全生というのは過去から現在、未来へと続く直線的な時間軸を想定して、その上で最終的に命を全うしましょうというものではありません。

そうではなくて、今ここにおいて無条件に元気である、ということが何よりも優先されるのです。

引用には裕介氏による「一生を生き抜く」という表現もみられますが、これもその前半部と照らし合わせて、瞬間の生の充実による人生の完成を期するものと読むべきだと思います。

少し余談になりますが、野口晴哉先生は『臨済録』という、中国禅の一大宗派を担った臨済宗の講本を座右の書とし、愛読されていたと伝えられています。この『臨済録』の中には「活潑潑地(かっぱつはっち)」という表現が出てまいります。

これはまさに魚が水を得た如く元気よく泳ぎ回り、水面をピチピチと跳ねていく今の〈いのち〉を表現した言葉であります。「全生」はこれと同様、瞬間、瞬間に全生命を投入して生きる、という、与えられた生命に対する真面目な態度を奨励するものです。

そのような無目的で捉われのない、伸びやかな生の在り方を最良のものとし、これを実現するための道として、野口先生は整体法を自ら体現し、唱導されたものと思われます。

またこれは禅仏教で説かれる「見性(けんしょう)」という体験にも通ずるものであり、年齢や性別、社会的立場を超えて存在する全き〈いのち〉を自覚し、元気よく生きることの中に、本当の生の躍動とその完成形としての「全き死」が望めるものと解することもできましょう。

このような生命に対する敬虔な態度は、氏の独創的な思想の端的とも言える「生命に対する礼」という考え方に基盤を置くものであります。

体を整え、潜在意識内の不要な観念を払拭するよう勤めるのも、すべては「全生する」ためであり、そのような態度がそのまま生命に対する最高の礼であると考えてよいように思われるのです。

2020/08/20