せい氣院

体癖各論 上下型 (一種・二種)

動作の基柱

腰椎1番:大脳型

体型

一種・二種ともに首に特徴があり、特に一種は太く垂直に伸びて顔も長く全般に高身長の人が多い。。二種は一種と同様首は太いがそれほど長くはない。

体力が余ると全般に脳の運動(思考活動)によって解消されるために、血液の流通が多く首が太く発達する。手足も細長く、バレエのような伸展動作を得意とする。

体質

一種は空想するとそれがよくに身体上に現れる。例えばいま食べたものが「それは腐っていたよ」などと言われると、お腹が痛くなったりする。どんなものでも、うっかり「良い」と信じたらそれきり安心して丈夫になってしまう。

動作がゆったりして、おだやかにみられやすい。実際、喜怒哀楽によって生ずる感情エネルギーがすべて思考活動によって処理されるので、こうしてああしてと空想するともうそれで気が済んでしまう。

「眠る、眠れない」ということは非常に気になる。疲れたり、具合が悪くなると、最近よく眠れてなかったか?と考える。そのため旅行計画などを立てているときに、何時に着いて、翌朝何時に出るから、〇〇時間は寝られる、などと無意識に考える。

またしゃがむことは苦手であまり好きではない。しゃがめない人もいる。

性格・感受性(毀誉褒貶)

知的で物静かに見られやすい。感じたことよりも言語的に考えて納得のいく方を信じる。全般に周りから何か言われると「そういうものなんだ」と受け入れやすい。

最初に「あ、」と感じても、すぐ動作に移れないためにチャンス(機)を逃しやすい。これと反対に開閉型の九種は直感したこと以外は行動にならない。

意識はだいたい「上方」に向いているので、吊革につかまることや、上に手を伸ばして物を取るのは苦にならない。逆に足元の意識は手薄であり、一種の大人は子どもに話しかけられても気がつかなかったりする。

俗にいう「天然」とか「フシギ」とか言われる人には一種が多い。

人付き合い

全般に広く平坦に付き合える人が多い。好悪の感覚を離れて人とはよく話し合うことはでき、客観的には良好な関係性を作れていることが多い。

大脳(思考)型の一種は感情優位の三種に惹かれやすい(ユング心理学でいう「影」になる)。また直感力の優れた九種ともお互いに補完し合う。

一種は贈り物をするとき、みんながよいと思うものを選びやすい(ブランド物など)。「有名人の誰々も利用している」などという売り文句にも弱く、物をもらった場合もどこそこで買ったお菓子、など「箔」や「銘柄」に反応しやすい。

生き方(職業)

上下型は全般に「真面目」とみられやすい。二種は一種以上に規則や法規に縛られた生活を好む。「しばられずに好きなことをやりなさい」などと言われると止まってしまう。

「社会規範」を遵守することを重視し、「人と変わっている」ことを恐れる(お役所タイプ)。

そのためこんな事をして笑われはしまいか、というような行動はしない。三種は自分の「感じ」で動いてしまうので、一種から見ると「はしたない」と思う反面、魅力的にもうつる。

特定の思想形態につよく傾倒することがあり、政治家・指導者などにも一種は多い(六種も多い)。また大学卒業後も院に残って研究職に進んだり、〇〇学者というタイプにも多い。

詩人、作家など言語を中心とした創作活動を行なうタイプの人もいる。

またバレエのようなダンサーや野球のピッチャー(キャッチャーは皆無)、バレーボールなど、手の挙上動作を要するスポーツの世界にも一定の割合で見られる体癖である。

疲労傾向と対策

頭を使うことは得意だが眠れないということには耐えられず、全身がくたびれてしまう。だから眠れる環境の確保が大切である。

頭が疲れたときには、椅子に座って足を机の上に乗せるとよく休まる。

仰臥して手を伸ばす、同時につま先をあげてアキレス腱を伸ばすと疲れが抜けやすい。

一種が濃く表れている人物

一種
岡潔 芥川龍之介 良寛 ランディ・ジョンソン シャルル・ド・ゴール ルノワール モディリアーニの描く人物像 アルベルト・ジャコメッティの作る彫刻作品など
二種
鳩山由紀夫

体癖各論