活元運動のやり方と注意点

活元運動のやり方(誘導法)をご説明します。

1.息を大きく吐く – 邪気の吐出

みぞおちが緊張してかたいままだと活元運動はできません。そのためにまず深呼吸をおこなっておなかをゆるめます。※みぞおちとは両側のろっ骨からたどっていって骨の合わさったところから、2、3センチ下にさがったところにあるくぼみ。

まず両手の指先でみぞおちをおさえます。

★大きく息を吸い込み、

体内の古い息をすべて吐き出すように大きく吐きます。

上半身のすべての力を抜きます。

起き上がりながら息を吸い込み★に戻ってくり返す。(あくびが出るまで)

悪い例× 初心の方によく見られる形です。背中側の緊張が抜けきらないと肘や肩がペタッと床まで落ちません。

2.背骨を捻じる動作

正座をして腰をのばす。

左から背骨を捻じる。

ぎゅーっと力を集めて、ストンと抜く。

右も同じように、

左右7回ずつが目安です。

下は悪い例× 猫背のまま捻じろうとしている。できる人はきちんと背骨を伸ばして行いましょう。

3.うなじ(延髄)に力を入れる – 訓練法

両手を水平から30~45度くらいの高さまで上げていく(息を吸いながら)。

親ゆびをにぎりながら、オールを漕ぐように徐々に体を後ろにそらし、両ひじを後ろに引いていく(息を吐きながら)。

★最後にひじを後ろに引ききるときに、親ゆびをにぎりしめる奥歯をかみしめる息を吐ききる、の3つの動作を合わせて急に力をに抜く。

首から背骨にかけてギューッと力を入れてストン!というイメージ。3回で終える。

そのまま手を上向きにしてひざの上におき、目はつぶったまま首を垂れる。そして自分の背骨に息を吸い込むように、背骨で呼吸をするようなつもりでいると、なんとなく少しずつ動くような感じがしてきて、やがて動き出します。

あとはそのまま「何もしない」。ポカンとしたまま、できることなら運動が自然に止まるまで体に任せるきる。

写真は座っていますが、立っていても寝転がってもけっこうです。運動中は終わるまで目を開けないこと。

終わったら目をつぶったまま、しばらくポカンとしています。1~2分でもけっこうです。気分がおさまってきたら、片方ずつ薄目をあけて終えます。

途中でやめなければいけないとき

活元運動が出ている最中に、急に目を開けて立ち上がるとフラフラすることがあります。途中で運動をやめなければいけないときは、まず息を吸い込んで下腹に「ウーム‥」、といってこらえる呼吸を数回行ないましょう。

その後で3.訓練法のところで行なった★の動作を、呼吸をあべこべにして行います(息を吸い切ったときに、親ゆびをにぎりしめ、奥歯を噛んでストン!と脱力)。その後、片方ずつ薄目を開けて、もう一度静かに息をおなかに吸い込みウームと耐えてからゆっくりと吐いて終わります。

好転反応について

活元運動をしばらく行っていると身体の怠けていたところが動き出して、いろいろな好転反応が出てまいります。反応は大きく3つに分けてみることできます。

弛緩反応 眠かったり、ダルかったりという、気持ちの良い疲労感です。この時期はリラックスを心がけて過ごしましょう。

過敏反応 非常に気持ちのよかった弛緩反応の時期から、やがて熱がでたり古傷が痛んだり、身体が過敏に反応する時期です。次の排泄反応に向けて身体が活性化している時期です。

排泄反応 下痢をしたり、垢がたくさん出たりして身体の大掃除がはじまります。ここまで経過すれば一応の反応期は終了です。

反応期はとにかくリラックスを心がけ、身体を冷やさないように気を付けましょう。

活元運動の反応に関する記事を下に紹介いたします。

活元運動の好転反応とは

活元運動の反応期に気をつけること

今月の活元会の日程はこちら