体癖各論 前後型 五種

動作の基柱

腰椎5番:呼吸器型

体型

肩が大きく張っているため、上半身は逆三角形に発達していく。いわゆる鳩胸であり、女性の場合は乳房が大きい。首が前に向かってについて、顎の先端が突き出ている(唇から顎の先まで距離がある)。肘から先、膝から下が長い。年を取ると前屈してくる。

体質

呼吸器が強いために常に行動する構造になっている。五種にとって生きることは「前に進む」ことと同義であり、じっとしていると眠ってしまう。

ランニングを主体とするスポーツ全般に向いている。

性格・感受性(利害得失)

明るく、明朗な印象を与える人が多い。女性の場合はいわゆるクール・ビューティーである。自動車のボディラインなど「形」に敏感であり、微妙な色彩にはあまり反応しない。(⇔三種)

合理性を重んじ、数値上の整合性が取れなければ実行に移さない(自然科学は五種の産物)。

たった一つの正解を割り出すような物理学、数学(自然科学)をやる人は多いが、目的がはっきりしにくい思想哲学や文学(人文科学)の分野にはあまりいない。

また筆者が今まで会った五種の人は「絵」が書けないという人が多かった。「図工の時間に何をやっていいのかわからなかった」と言った人もいた。絵画や造形芸術は苦手だが、音楽(ロック)の世界にはよくいる体癖である。

利害や損得に敏感であるため数字に強い。なおかつ情に流されにくいため会社などの経営に向いている。レストランのオーナーシェフや急進的に成長を遂げた会社のリーダーはたいてい五種か七種である。

「よくわからないもの(不合理なもの)」に弱い。例えば「もしかしたら、〇〇病かも知れない」などと言われると、急に青菜に塩の如くしおれてしまうことがある。

流行に敏感。新商品、新メニューが出た時には先ず買ってみる(九種は最後まで買わない)。

整理整頓が得意であり、散らかっているのがいやだ(三種は散らかっているのが「普通」であり、そこに問題を感じない)。

背広が良く似合う。またピタッとしたシャツやパンツを好んで身に付ける。

人付き合い

明るく、広く浅く、付き合うことができる人が多い(社交的)。会社のような公のコミュニティで協調的に力を発揮できる(このあたりも九種と反対である)。

贈り物は高価なものや、商品券のような現金に近いものをもらうと嬉しいが、「寄せ書き」や「千羽鶴」など気持ちが中心で実利のないものはあんまりである。自分が贈るときは渡すものの原価を計算して、それだけの費用対効果(見返り)を相手から得られるものを贈ろう、と無意識に考える。

恋愛の「得意」な人が多い。情に対してクールに対応できるので、あまりそういうことで長期間悩んでいる五種の人を筆者は見たことがない。捻れ型、開閉型から見ると薄情に見える。

五種の男は三種の女の子に惹かれやすいが、一緒に生活するといろいろな問題がある。「可愛いな」と思っても離れて見てる方が無難ではないかと思われる(が、お互いつい寄っていってしまう)。

生き方(職業)

目立つこと、人目につくことをやりたがるので芸能人やプロスポーツの世界には多い。指先が技巧的によく動くため、ギタリストやピアニストにも五種はよくいる。

とにかく「上」を目指したがる。会社なら収益を上げる、スポーツなら記録を出す、など常に目標は直線的で単純である。

決められたレール(既存の価値観)の上を走るのは得意だが、「自分の人生はこれでいいのだろうか‥?」という風に悩むことには弱い。

疲労傾向と対策

動けない、前進できない環境ではすぐ「つまらなく」なってしまう。デスクワークならば、自宅から遠くの職場にして車や電車通勤をするとよい。

くたびれたら運動によって鬱散することだが、特に外から言わなくても自分でジョギングをするなどして自然にバランスを取っている。

五種が濃く表れている人物

綾瀬はるか miwa(五種・九種) 松田聖子 新庄剛志 吉川晃司 アイザック・ニュートン 織田信長 ドナルド・カーチス(『紅の豚』) ギョク=ラン(『僕の地球を守って』) 『燃えよ剣』の近藤勇(実在した近藤は九種)