整体操法

体の流れを整える

野口整体では身体を調整する技術を「整体操法」、または整体を省略して「操法」といいます。

治療や施術という言葉を使わないのは、整体の本来の技術が他動的に体を調整したり矯正することではなく肉体本来の自然な「流れ」を取り戻すことを主眼としているからです。

例えるなら川の水を堰き止めたり流れを邪魔している石を見つけて、これをどけていくような作業です。

水の流れを阻害している石を一箇所どけることで、どっと水量が増えて流れ始めることがありますが、整体ではこれに似たことを人体上にみることができます。

大切なことは体の中の流れを乱しているポイントを正確に見つけ出すことです。そしてそれを的確な技術で取り除き、体の重心線を正したり、または血の流れや氣の流れ、意識の流れをスムーズにしていくことです。

背骨・脊椎へのアプローチ

人間の体運動や感情活動は全て背骨に記録されています。ですから操法の技術は主に、頭蓋骨から背骨、骨盤にかけて脊髄神経へのアプローチが主軸になります。

体の変調はかならず脊椎の目には見えないわずかな変化から起こります。整体ではこの変化をいち早く知覚して当人の力で正していけるように刺激することで、敏感な身体を育てていくことを目的としています。

身体の細かな感受性を育てることで大きくバランスを崩す前に偏り疲労を修正し、健康を維持するための一定の秩序を身体に形成することができます。

体の刺激を通じて心へのアプローチ

近年、心的疲労やストレスから心理カウンセリングや精神科、心療内科を受診される方は増え続けています。整体ではこのような心のストレスや心理的な苦痛の原因も肉体と直結した問題として考えています。

例えば、笑えば全身の筋肉が弛み、怒れば固くなるといったように、人間の感情活動はすべて体に反映されるからです。

逆に体に与えられた刺激は、即座に心に影響します。整体はこうした心と体の関係性を使って健全な肉体から健全な精神を養っていく、そしてその精神が身体にフィードバックして健康生活を支えていくようにリードしていくのです。

命を自然に帰す- 静を養う

整体の技術は全て身体の自然治癒力が前提になっています。治癒力が発揮されないのは、心の葛藤や、頭の余分な働きが身体の自然を乱しているからです。

身体のあちこちに筋のこわばりがあるうちは頭の緊張はほぐれません。操法によって体の疲労箇所を刺激して弛め、脳の過剰な働きを休めていくことが整体操法の要諦の一つです。

身体からコリやこわばりがなくなると、意識の活動が鎮まり身心に静寂が訪れます。身体は静けさを与えられることで初めて自然の働きが現れ、そこに治癒力が発現されていきます。

このように自然の流れを尊重しつつ、人為の及ぶ範囲で生命に介入していく、それが整体操法の根本理念であると言うことができます。