身体の「凝り」と感情

身体の「凝り」は、固まった感情エネルギー

整体の目的は全身の緊張をゆるめてコリを取り除くことにあります。からだ全体がすっかり柔らかくなると、心と体のあらゆる問題が解消されるからです。原理はとても簡単ですが、この身心の硬直を解くことは、(個人差もありますが)なかなか容易でないことが多いものです。

身体の凝っているところや固い所を、粘土のように捏ねたり揉んだりしてもゆるまないことは、いまや多くの方の知るところでしょう。何故なら、揉みほぐすことでは身体を硬くしている「もと」が解消されないからです。
身体のあちこちを固くしているのは、出しそこなった感情エネルギーです。中でも過去に生じた不快情動が筋肉・内臓・骨格などを固まらせています。嫌な気持ちを頭で抑え込んだことで、排出しそこなった感情エネルギーが自律神経系を介在して身体のあちこちを硬張らしてしまうのです(風邪の発熱などにはこうしたコリをゆるませる働きがあります)。

ですからその停滞した感情エネルギーが流れることで、解消されなければコリはいつまでたってもなくなりません。そのためにはいろいろな方法がありますが、当院では気の手当て(愉気)と活元運動という身体をゆるませる体操を行って不快感を消化し、思考をニュートラルに戻します(ポカンとすること)。頭の働きが休まれば骨格は正しい位置に戻り、背骨も自然と伸びて真っ直ぐになるからです。

「プラス思考」は本当にプラスを生むか

人間の身体を動かすものは感情です。思考ではありません。悲しい時に泣いたり、可笑しい時に笑うと、身体は自然にゆるんでいきます。これは感情と身体が調和して動いているからです。逆にいやな気持ちを抑えて泣かないでいると、抑圧されたエネルギーが凝固して身体のどこかが硬くなります。だからと言って肩のこった人がゆるもうと思って、無理やり「泣こう!」と考えても涙は出ませんね。こんな風に「考えたこと」は身体の生理機能に対して作用する力は弱いものです。

また、最近はブーム(?)が去った感がありますが、少し前に「プラス思考」というものが流行りました。「何ごともプラスに捉えて、嫌な考えをは頭の中から締め出してしまいましょう」というものです。身心に不調を抱える人の中には、努めてこのような心がけをしてきた方を何人か見てきました。

確かに、この「プラスに考えよう」という姿勢はある面では良い効果が見受けられます。その一方で、「思考」に頼りすぎたことで、自分の「感じ」たことが解らなくなっている人がいるのもまた事実です。こういう方は、まるで「思考」によって「感情」が塗り固められ隠れてしまったかのようです。さらに、実際はいくら「プラスに考え」たところで、最初に味わった「マイナスの感情」はずっと消えずに身体に残ったままなのです。

先に書きました通り、身体には出しそこなった感情がコリや偏り(歪み)という形で残っています。整体指導の場では、こういった「くやしい、悲しい、イライラ」などの跡を身体に見つけて、「こういう気持ちになりませんでしたか?」、というように水を向けると、「ああそういえばそうだった・・」と気付かれる方がいます(実際はこのように簡単にいかないことが多いのですが…)。こんな風に、身体上のコリは自身の裡なる感情の気づきによってゆるんでいくものです。
ですから「考え方をプラスに・・」と工夫するだけでは「感情」が抜きになってしまい、心の底から納得してゆるむことはむずかしいものです。「生きている」間は喜怒哀楽だけでなく、あらゆる感情、情動が絶えず浮かんでは消えて行きます。ですから嫌なことがあってもそのまま受け入れて、「自然の感情、あるがまま」を認めることができれば、プラスもマイナスも超えた普遍的な肯定(プラス)になるでしょう。どんな感情であっても平気で受け入れることができたら、それだけ自然に近くなり丈夫になったといえます。「本当のプラス思考」とはこのような態度ではないかと私は思っています。

思考を休め、感情に気づく

自分の身の上に起きた感情に気が付いたら、あとは自然に発散させてあげるだけです。方法はどんなやり方でもいいでしょう。一般的なのは歩く、走るなどの「移動をともなう運動」や、TVや映画などを観て泣いたり笑ったりするのも有効です。またカラオケのようなもので大きな声を出すことも、横隔膜を起点として身体をゆるめてくれます。少しはげしい方法として、「お皿を割る」なんていうのもあります。自分で意識してやるのと、無意識にそうしてしまうのとありますが、いずれにしてもガチャン!という大きな破壊音を聞くと何故かわかりませんがすーっと気がゆるむのです。

全般に、「まじめでがんばりすぎる方」、「謙虚すぎてしまう人」ほど自分に起きた感情を過剰に抑えてしまう傾向があるようです。また理想の自分像を強く持っており、そのギャップを埋めるべく「あるがままの自分」を受け入れられないというケースもあるようです。

理由はどうあれ、身体に閉じ込められた感情は、気が付いた時点から流れていき消えてしまいます。この感情の発散が行われることで、はじめて人は「ゆるむ」ことができます。整体指導において、何よりも「観察」を重んじるのはそのためです。「何によって身体がそうなったのか(最初の感情の起こり)」が解らなければ、技術の施しようがありません。逆に言えば技術とは観察力(原因究明力)が全てと言ってもいいでしょう。

感じて動く、「あるがまま」の自分

「感動」という言葉がありますように、人間は感じて動くものです。誰もが感じたとおりに動いているならば心も体もこわれません。腰痛も、肩こりも、うつも、「自分流の自然な生き方」ができない人に起こりやすいものです。あるがままの自分(の感情)を解放して(話して)しまうと、誰もが自然にゆるむことが出来るのです。ですから当院の整体は、身心ともにすっかりゆるむために行う技術なのです。整体に限らず、自分に合うゆるみ方を探して、あるがままの感情をゆるして生活できるようになると、毎日がずっと楽しく、ラクなものになると思います。

「どうして自分は疲れやすいんだろう」と疑問に思う方は、「考え方」ではなく自分は今「何を、どう感じているのだろう?」と自身の内面に目を向けてみてください。意識を休めて心の深層を感じることで、不調の原因に自分自身で気づき、きっと今よりも楽になるヒントが見つかると思います。