いのちの要求を知り、自分らしく生きる

せい氣院は横浜市神奈川区にある心と体の健康をトータルでサポートする整体指導室です。

特に現代人に多い自律神経失調症うつ病心身症(失感情症)といった身心両面にまたがる問題を中心に、あなたの中にもともとある力を出来るだけ活かして、自然に解消していくための整体法を行っています。

身体面では、

慢性的な首・肩の凝りや腰・ひざの痛み、その他原因のはっきりしない身体の不調など、幅広くご相談を承っております。

心理面では、

理由なく気分が落ち込む抑うつ症、場面によって緊張しやすいあがり症でお困りの方、あるいは母親(父親)から感じる精神的な支配や、姉妹(兄弟)に抱いている未解決の感情などでお悩みの方をサポートいたします。

その他にも今の生活スタイルや仕事が自分にしっくりいっていない、「自分らしさ」がわからなくなった、というようなお悩みに対して、本当に自然であなたらしい生き方とは何かを考えるお手伝いをさせていただきます。

当院では現代の整体の原型である野口整体と、そして日本人の心に適したユング心理学の考え方をもとに、ご相談に来られる方の「自然治癒」を援助する方法を採用しています。現在、主に使用している方法は、カウンセリングとやわらかい気の手当て(愉気)と自律神経のバランスを整える自由運動(活元運動)です。

心と体に起こる問題は二つとして同じものはありません。そのためどのような症状であっても、先ずはその方の個性を理解しつつ「何故そうなったのか?」をお一人お一人、丁寧に観察しながら個別に考えていく必要があります。また原因がはっきりとわからず、いつまでも続く身体の病気や心理的な苦しみというのは、ご本人にとって重要な「変化の時期である」ことが多いようです。

これについて整体の創始者 野口晴哉(はるちか)と分析心理学の生みの親であるカール・グスタフ・ユングはそれぞれの分野で、「〈自然治癒〉と〈人格の発達〉を相乗的に支援する」という共通の治療理念を確立しています。

これはつまり「病気の痛みや苦しさによって、その人の心がより高次の方向へ変化する」そして「心が変わることで身体が変わり、結果的に病気は癒える(経過する)」ということなのです。したがって、クライエントの身体や環境を上手に整えることで、病気をする前よりも丈夫で健やかな生活を実現することができるようになります。

身体の不調や病気は、これまでうまく生きて来られなかった心の側面を現しています。自身の体と向き合い、本来の「自分らしさ」を身体の奥から磨き出すことで「よりよく生きる」ことがせい氣院の整体指導の目的です。

院長プロフィール

野口整体の整体指導とは

どのようにして「心の問題」に向き合うか

病気とは「抑圧」された感情を解放する力

自己実現 – 整体によるアプローチ