自己紹介

朝比奈洋介(あさひなようすけ) 1977年 横浜市 神奈川区 大口出身

高校一年時に空手の道場に入門したことをきっかけに、「心と体」に興味を持つ。大学の3・4年は空手の指導員を務める。

28歳の時に「野口整体」の存在を知り、創始者 野口晴哉の説く生命観、死生観に共感する。後、野口整体の道場に10年通う(門下生としては4年半)。

2009年(32歳の時)に横浜の大口において野口整体の指導室として「せい氣院」を開業。2014年 結婚を機に現在の反町へと移転、現在に至る。

想い

現代の日本はいろいろな考え方や価値観、健康観、人生観が認められ、だれでも自由に生きることができます。

それは政治・経済・思想・宗教といったいろいろな社会的条件によって自由がゆるされなかった時代から比べれば、とても素晴らしいことにはちがいありません。

ですがその一方で、かつてはなかったほどの心と体の鈍りと、それに伴う不自由、不自然な生活が生じていることもまた事実です。

その結果体の敏感な人や心がよく開かれている人ほど、多くの価値観と情報に圧迫され、自分の生きる筋を見出しにくくなっているようにも見えます。

本当に自分のこころや身体が充ちてくる生き方というのは、よく整った身の裡から自力で紡ぎ出していくより他ありません。

ひと口に「自分らしく生きる」と言うことは簡単ですが、それは非常に面白いことの反面、危険や苦しみをともなう道でもあります。

だからといって、自分の人生をうまく生きられないことは残念であり、悲しいことです。

「いのち」の全体性が本来の秩序を取り戻し本当の輝きを放つために、自然生命の力の発現を援助することが整体指導者の務めです。整体指導の根本は「いのち」の清らかな燃焼を助ける道といえます。

人の本当の力は背骨(中枢神経系)より生じます。整体を通じて命の裡なる要求を果す道を歩んでいきましょう。

それは個の幸せと、公の豊かさを両立する自然の道であることが、いつかおわかりいただけると思います。