自己紹介

朝比奈洋介(あさひなようすけ) 1977年 横浜市 神奈川区 大口出身

高校1年の秋、空手の道場に入門したことをきっかけに「心と体」に興味を持つ。大学の3・4年時は空手の指導員を務める。

20歳の頃にM・スコットペックの『愛と心理療法』という本を読んで、人の心が心理療法によって癒えていくプロセスと心の成長に興味を持つ。

28歳の時に「野口整体」の存在を知り、創始者 野口晴哉の説く生命観や死生観に共感する。野口整体の道場に10年通う(門下生として4年半)。

2009年(32歳の時)に横浜の大口に野口整体を軸とした整体指導室「せい氣院」を開業。2014年 結婚を機に反町へ移転。

現在は特定の派に属さず、お会いした方がその人なりの感受性に沿った人生を創造していくための整体指導・心理療法を行っている。