野口整体とは

「野口整体」とは、整体法の創始者である野口晴哉氏(1911~1976)の名前に由来します。この野口氏によって昭和20年頃よりまとめられた「人間が全力を発揮して生きるための教育(体育)方法」が現代の整体の大本になっています。

これが現在いろいろな場面で使用されている「整体」という言葉とは性質があまりに異なるため、それらと区別するように(主に外部から)「野口整体」と呼ばれるようになり、今日にいたります。なお現在も野口氏直系の団体は世田谷にある公益社団法人 整体協会において活動されています(それ以外で野口整体を標榜している団体・個人は当院も含めて傍系にあたります)。

教義面では、自然の体力をより所とする「自立した健康生活」を指導するために、身体への物理的刺戟だけにとどまらず、講義や講習会などを精力的に開催して会員の思想教育及び自己啓発に尽力したことも特徴です。

具体的には、人間の潜在体力を発揮させるために「気の交流と活性化」を積極的に行う方法を考案・奨励し、講義内容も意識に言い聞かせるような説得話法ではなく、無意識を「生まれたばかりの赤ん坊」のように空(から)にすることを目的とした「潜在意識教育」を提唱し、実践されました。

またこれらの手法は成人の健康指導に務めるばかりでなく、胎教や、幼児・母子関係に対する教育(心理指導)にもよく適用されています。

創始者の没後40年ほど経った今日、その死生観や妊娠・出産・育児のに関する智恵に幅広く有用性が認められはじめ、徐々に注目が集まっています。

野口整体という整体は存在しない?

実は創始者 野口晴哉氏による「野口整体」という発言の記録を文献から見つけることは出来ません。ですから野口整体には本当の意味での「定義」はないと言えます。※氏の活動初期には独自の治療・教育理論を「野口法」と呼んでいた。

そこでいろいろな方面からその実態を求めようとすると、教育学・健康指導法・哲学・宗教的思想などの多面性が現れ、その受け取り方・理解の仕方も個人の感受性によって様々となります。

現在では直系・傍系を含めた複数の高弟達や異分野の研究者たちによって、自由かつ発展的、個性的に継承されているのが実状です。

以上のような理由から「野口整体」に興味をもたれた方はまず一度、野口晴哉氏の著作に直に触れられることをつよくお勧めします。

現在ちくま文庫から『整体入門』『風邪の効用』『体癖』、また整体協会全生社からは『健康生活の原理―活元運動のすすめ』をはじめ、多数出版されています。どの書籍を読まれてもわかると思いますが、整体の根本思想に通底する具体的事例が活き活きと綴られています。

一冊の本との出会いが人生を変えることはしばしばありますが、野口氏の著作に触れることは必ずやご自分の「いのちの力」に気づかれる契機となることと思います。

   

<野口整体の用語>

愉気法(ゆきほう)

体の緊張をゆるめ心をやすらかにするための気の手当てです。通常二人一組となって、どちらが一方がもう一人に手を当てて行うのが基本型となります。ただし手を当てることばかりではなく、根本は相手を理解して見守る心が愉気になります。

ちなみに、愉気法が通常二人以上で行うのに対し、自分の身体のどこかに意識を集め、気を活性化する方法を「行気法(ぎょうきほう)」と言います。

愉気法のページへ

活元運動(かつげんうんどう)

無意識のうちに身体のバランスを取っている自律神経や錐体外路系の機能を活性化するための運動です。

なお活元「運動」と名前が付いていますが「このように動く」という決まった動作の形はありません。正しい準備動作、もしくは愉気による気の誘導によって「その人に最適な運動」が自然と現れます。

意識を沈めて無意識を開いて行うため、感情のはたらきを快活にし敏感な身心を育みます。ちなみに仏教の坐禅が止まって行うのに対して活元運動は「動く禅である」と評されることがあります。

活元運動のページへ

整体操法(せいたいそうほう)

整体操法とは野口整体で扱う身体を刺戟する技法のことです。

元々は戦時中に日本の民間療法家が一堂に会し、それぞれの技術を出し合ってまとめられた手技療法(手で行なう治療技術)の総称でした。

古伝の整体では身体を物理的なもの(機械のような構造)とは考えておらず、生体エネルギーとしての「気」の概念を生命活動の根本として捉え、そのエネルギーの浄化・活性化を目的とします。

全般に「自然生命の秩序に対する信頼」を基盤とした技術であり、「生命に対する礼の心」を具現化した「型」によって行なわれます。

整体操法のページへ

体癖(たいへき)

体癖とはその人らしい考え方や感受性が、個人の体型や動作の習性と関連しているという見方です。

野口氏が一日あたり百数十人の身体を観るという生活を長年続けたことで、「いつも同じような疲労の仕方をする人や、似たような行動(生活)をする人達のモデル」を見つけ出したことに起因します。

人間における、一人一人異なる感受性を体癖という角度から見ることで客観的に理解を深めることができます。

体癖のページへ

全生思想(ぜんせいしそう)

整体は知力・体力・気力等々、個人の中に内在する力を全て発揮する生き方を勧めます。

身心が整っていれば自然と良い空想(意欲・要求)が沸き、その実現のために活発に働き、心地よく疲れ、深く眠りまた活力を養うことができます。

全身の張弛のバランスを整えることで、こうした溌溂とした心身を主体的に保つことを健康生活の原理として据えるものです。