せい氣院

整体である、とは

鈍った体はもろい

整体とは「敏感で弾力があり、刺激に対してすぐに反応できる体」のことです。

具多的にいえば、食べたものが悪かったらすぐに吐く、もしくは下痢をするということも健康を保つ反応の一つです。

また病菌が侵入すればすぐに発熱してその繁殖を防ぐ、ということがスムーズに行えるのは体が整っていればこそ行なえる生理的な自衛のはたらきです。

よって整体指導を行う目的は、体を敏感に保ちもともとの体力を呼び覚ますためであって、何か特定の病気を治すために行うものではありません。

整体であれば病気であっても自身の体力を動員して自然の経過を辿って治ります。むしろ病気を活用してそのたびに新しくなっていく力がある状態もまた「整体」という言葉で現すことができます。

反対にいま病気がなくても突然重い病気になって恢復しなかったり、病気がなくても突然死んでしまうような体もあります。このような鈍った体は「不整体」です。

子供でも、弾力のある元気な子供ほど、病気を繰り返してさらに丈夫になっていきます。熱を出したり下痢したり、発疹したりすることは丁寧に見るとみんな体の調和を保つ健康の働きであって、抵抗力のある体はそうやって時々体の大掃除をしながら無事を保っています。

大人よりも新しくて体に弾力のある子供がよく高い熱を出すのはこのためです。

よって病気の症状があるかないかという基準のもとに、その人が健康であるかどうかを区分することは不適当です。

深い息

健康な人はお腹で息をしています。

それが胸とか肩で息をしている場合は心のどこかに閊えやひっかかる何かあるのです。ちょっとした不安やイライラ、無意識の劣等感などが微妙に作用して体の生理機能に影響を与えています。

その状態がお腹にはよく現れます。

下腹部に適度な弾力があって、みぞおちが柔らかければ、その体は整っているといえます。

この状態なら病気になったとしても自分の体力を動員して乗り越えていきます。そしてその度に新しくなっていきます。

下腹部の力が失われると体力が十分に発揮されません。そして考えたことを行動にしていく力や繁殖する力が委縮します。

頭の中はつねにザワザワしたりゴタゴタしたりして、外から見てもどこか荒んだようなざわついた印象を与えます。

生き物に力の充実している時は、周囲にも柔らかく静かな印象を与えます。

体の状態と空想

「不整体である」ということを少し別の角度から説明すると、体の中のある部分の筋肉がゆるまない、ということです。

筋肉が緊張すると筋紡錘という器官を通じて「その緊張している」という信号が頭に伝わり、考えることや思い浮かべることに影響します。

筋肉がかたいと思い浮かべる内容もどこか合理主義に偏ったり、実利的なことばかりを追っかけて考えるようになっていきます。物事の見方や発想が近視眼的に偏るのです。

これがつづくと常に何かを求めて、駆り立てられるように頭が働いているような状態になります。これでは一瞬たりともぼんやりしたりポカンとすることができません。

それでいて漠とした楽しい空想は湧きにくくなります。人間は合理的に考えたことよりも、何となく思い浮かべた方向に伸びて行きやすい傾向があります。そのために体にしこりや硬張りがあると、そこから湧いてくる空想に体も生活も引っ張られやすいのです。

うつとかノイローゼと呼ばれるような心の凝り固まった状態、あるいは癌や肝硬変のような臓器の凝り固まったものでも、その人の体全体を丁寧に観ていくと、体の筋の硬張りとかその人の空想との関りをつよく感じることがあります。

いろいろな病気とか心の問題とか言われるものを見ていくと、最終的に体の硬張りとか弾力ということと切り離して考えることはできません。

整体とは心にも体にもしこりを持たない、全き状態です。そしてポカンとできること、よい空想が浮かぶ体であるともいえます。

そのため整体法においては体が弾力を取り戻して、きちんと弛み、引き締まることができるような、そういう弾力に幅のある状態を保っていくことを何より大事にしています。